スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
今年もお世話になりました
新年はもうすぐ!!そろそろカウントダウンの始まりですね?
紅はは、掃除も年賀状もおわっていませんが・・・

今年は紅家、激動の年でした。
もちろん紅に子紅が産まれたこと。
最後は紅がオナベになったこと(笑)

それよりなりにより・・・この『紅っ記』を始めたこと。その結果、沢山のブログを通じてお友達ができたこと。
紅おやじ、紅はは感謝感激です。

来年もきっと“時々更新の『紅っ記』”になってしまうと思いますが、これからもよろしくお願いします。


さあさあ、紅!瑠璃!ご挨拶して!!

紅「みなさん本当に今年はいろんなことがあった年でした・・・ちょっと!前向きなさい!!」

1229の1



瑠璃「はい~?だってあっちに美味しそうなものが・・・」

1229の2



紅「すみません。我が娘ながら・・・あとで叱っておきます。
本当に皆さんのおかげで、紅家は楽しく過ごす事ができました。来年もどうぞよろしくお願いします。。。」

1229の3


瑠璃「やっぱり、あれ美味しそう・・・」
スポンサーサイト
【2007/12/29 23:30 】
今日の出来事 | コメント(5)
やっちゃいました
避妊手術をしてから4日目。ついに紅ちゃんやらかしてくれました。
ん~~~・・・紅が悪いわけではなく、紅おやじと紅ははが悪いんです。

本来なら、病院からエリザベスカラーをつけて帰されるところ、
紅に合うサイズのカラーがなく“洋服を着せれば大丈夫でしょう”とのことになりました。
でも実際着させてみると、ものの見事にお腹のところが開いているのです。

紅ちゃん気にはしていましたが「イヤイヤ~~」ってそぶりを見せなかったので、そのままにしておいたんです。

で、昨日の夜・・・絆創膏の端がちょっぴりめくりあがっているのを発見。
「何か巻いてあげなきゃ」と言っていたものの適当なものがあるわけでなく「どうしようかな・・・」
なんて言っていたら・・・やっちゃいました。

絆創膏を剥がしてペロペロしてたんです。

夜中の1時に深夜救急に連れて行き、消毒していただきました。
そして・・・ガムテープで無理無理小さくしたカラーを付けられてご帰還・・・

まだ慣れないので、あっちへゴン!こっちへガン!
挙句の果てにはカラーをつけたままゲージに入ろうとして・・・固まってしまいました。

朝、いつもの病院に夕べのことを報告すると、手術から3日たっていればガーゼは必要ないとのこと。カラーをすることと、瑠璃との隔離で十分とのことでした。

あ~、あの時何かしら手を打っていれば・・・
紅ちゃん本当にごめんね。。。

エリザベス紅


「紅です。エリザベスさん・・・嫌い・・・
おか~しゃんの目を盗んでソファーに登ることも出来ないし、大好きなヒーターに鼻をくっつけて“ぬくいぬくい”も出来ない。ゲージで巣篭もりも出来ないわ・・・
あ~あ、このままお正月さんが遊びに来るのを我慢して待っていなきゃいけないのね?
いやだわ・・・ところで、お正月さんはいい人??」
【2007/12/28 17:16 】
今日の出来事 | コメント(2)
急遽手術をすることになりまして・・・
今年最後の連休。ミニオフ会(後ほどご報告しますね)の余韻もそこそこに、翌日紅はは朝5時起きにもかかわらず久々の徹夜仕事へ突入!
翌々朝6時に帰宅してソッコーベッドに潜り込むも、気力は復活せず。。。。
年の瀬のせいか?年のせいか??

そんなことはさておき、連休最後のクリスマスイブ。急遽手術をすることになりました。

とはいっても、手術をするのは瑠璃ではなく紅なのです。
確かに予定では24日に瑠璃を連れて横浜の病院に行く予定だったのですが、週末かかりつけの病院から電話があったのです。

紅の生理が早くきたのは異常ではないとのこと。
ただし、出血が終わるとエストロゲンがどんどん出てホルモンバランスが崩れ、異常行動や擬妊娠の症状はひどくなるので、またいつものように注射やホルモン剤を飲ませなければならないとのこと。
できれば薬に頼ることをしたくないので、少しでも早く避妊手術をしたほうがよいのではないか。。。とのことでした。

そんなもの迷うはずありません。
瑠璃の足は緊急を要するわけではないです。でも、紅は時間がたつほどホルモンバランスが崩れていきます。


ということで、紅ちゃん“オナベちゃん”になることになりました


朝食抜きで10時に病院に到着(この時点で1時間半の睡眠しかとっていない紅はは、グロッキーで紅を気遣うこともできず・・・)
毛並みが良くなったと誉められまくり、センセの腕の中でいい子にしたまま・・・処置室へと消えていったのです。

紅の小さな身体に麻酔をかけるのは大変なリスク!
そこで“この機会にやれること”を全部やってしまいました。

カリカリフード時代についてしまった歯石の除去。
時々出てくる鼻の下のイボの除去。
そして迷子になった時の強い味方!マイクロチップの装着。

昼ごろ手術をして(通常は30分ほどだそうです)夕方麻酔が切れた頃にお迎えにくることになりました。

(その間、紅はは自宅で爆睡)

4時ごろ電話が来ました。
「紅ちゃん、お目目が開きましたよ」

迎えに行ってビックリ・・・麻酔明けって人間も動物も一緒なんですね?

とりあえず目が開いているけど・・・「ふぇ~~?」って感じで、まぶしいとか眠いとかとも違うなんともいえない顔です。

手術のあと1225


お腹の絆創膏が痛々しいですが、何とか無事に終わりました。

ただ、痛みなのか?麻酔が残っているのか?なかなかスッキリしない顔つきです。

とりあえず手術が終わって良かった良かった。
紅は私たちに瑠璃ちゃん、銀ちゃん、柚ちゃんというすばらしい子どもたちを残してくれました。
もう十分です。これで、年に2回もつらい思いをさせなくてすみます。

どうか、元気で長生きしてね・・・まだ、麻酔が覚めませんか?

ぐったり紅1225


「紅です。朝ごはんは食べさせてもらえないし、病院に行ったらなんか変な事されて知らないうちに眠っちゃって・・・
なんだか変な気分です。あたし・・・どうなっちゃったの?」


追伸・・・
紅家がお世話になっている品川区の小山にあるネイチャー・アニマル・ホスピタルという動物病院。
こちら「年末年始も普通に診療してますよ~」とのことでした。(先生方~時には休みましょうよ~!)
お近くの方で、万が一お正月に緊急事態が発生したらこちらにどうぞ。
【2007/12/25 22:30 】
今日の出来事 | コメント(9)
セカンドオピニオン
このところ、悩んでいたことがありました。

元気すぎるほど元気な瑠璃ですが、やはり足のことが気にかかります。
紅のあとを追って、まるで走るように跳ねるようについていく瑠璃。
どんなに元気にしていても、やはり足の“ヒョコヒョコ”が気にかかります。

病院のセンセとの話では、2月3月ぐらいをめどに手術をしましょうとのことでした。
でも、人間でもそうですが“手術”と言う一大事の時に、一箇所の病院の意見だけでいいのだろうか?専門医の意見。セカンドオピニオン、サードオピニオンはいらないのだろうか・・・
紅はは、そう思ったんです。

でも、いつもお世話になっているセンセを信用していないわけではありません。

この病院はつい最近近所に夜間診療専門医院ができるまで、24時間体制で土日休日関係なく、お昼休みも取ることなく、熱心に診察してくださる病院です。
紅が生後半年ぐらいの時ものすごい下痢に襲われ、夜の12時に駆け込んでから今までずっとお世話になった病院です。

紅の難産の時も「病院では帝王切開しかできません。でも紅ちゃんならきっとお家で産めますから、もう少し様子を見ましょう」と言ってくれた病院です。

アレルギーがひどい時も「アレルギー検査なんて当てにならないんです。毎日何を食べ、どう過ごしたか傍で見ている飼い主さんの目が一番正確なんです。大変かもしれませんが手作り食にチャレンジしますか?」そういってくれたのもこのセンセなんです。

そして何より瑠璃の足のことについて「この子は、自分じゃ『足が悪い』なんて思っていないんですよ。そんなに、思いつめちゃいけませんよ。だってね、この子には健康な足が3本あるじゃないですか?悪い足だって、生活に不自由ないじゃないですか?そして何より、足が悪いからと言って、命に関わるわけじゃないんですよ。元気に過ごせるんですよ。よかったですね」
そう言って、励ましてくれたセンセなんです。

もちろん、これからもお世話になりたいセンセなんです。

でも、やはり専門医に診ていただきたい。でも、ここまで大事に思ってくださるセンセを裏切れない・・・

紅はは決心しました。大事なのは瑠璃です。
もし専門医に見せて「なんて失礼な」と、センセが怒ったらそれはもうしかたがない。
でも、一応連絡だけは入れておこう。

と言うわけで、意を決して本日電話を入れました。
それでもやはり院長センセに直接話すのはドキドキするので、セカンドのセンセに・・・

紅はは「あの~、センセを信頼していないわけじゃないんですが、専門医に診ていただきたくて」

センセ「もちろんいいですよ!そんな~わざわざ連絡くれたんですか?」

紅はは「はい・・・すみません」

センセ「瑠璃ちゃんにとって一番いい結果が出ればいいんですよ。どちらに行かれるか伺ってもいいですか?」

紅はは「横浜の磯子にある○○って病院で、関節系の専門医らしいんです。ものすご~い順番待ちらしいんですが、1日でも2日でも待つつもりです。ご存知ですか?」

センセ(笑いながら)「はいはい!よく知ってますよ。院長の師匠ですから!」

紅はは「へっ??」

センセ「うちも、専門医に見せることが必要なら、ここを紹介する予定でしたから」

紅はは「えええっ?」

センセ「電話で、うちの院長に診てもらってるって言ってから行ったほうがいいですよ」

紅はは「は・・・はい」


というわけで、ちょ~ドキドキで電話したのに「いってらっしゃい!しっかり診てもらってきてね」ということになりました。


コレでひとまず安心。あとは、瑠璃の足が今より良くなることを祈るだけです。
頑張ろうね瑠璃ちゃん!!

瑠璃1219


「こんばんわ!瑠璃です!!
最近、わがまま瑠璃ってじーじやばーばがあたちのことを言います。
ご飯欲しい時にちょっと叫んでみたり、散歩から帰ってきてママだけ足を洗いに連れてって、あたちだけ取り残されるとちょっと絶叫してみたり・・・そのぐらいジャン!!
あれ?なんかマズイ事したかしら?」

【2007/12/20 00:53 】
今日の出来事 | コメント(8)
クレージー紅
書きたいネタは山のようにあるのに、まるで『週刊紅っ記』状態・・・
申し訳有りません。
ネタがだんだんタイムリーでなくなりつつあります。


紅ちゃん、11月の中ごろから生理が始まりました。
・・・?・・・

5月の下旬に交配し、7月24日に出産。8月末ごろに断乳・・・

先月病院では「断乳してから6~7ヶ月で次の生理だから、その前の1月か2月ごろに避妊手術をしましょうか」と言われました。

・・・?・・・

早い。早すぎる。
人間でも、おっぱい与えている間は妊娠することがないとか。
紅ちゃん・・・気が早い。。。

別にここまできたらわざわざ手術の必要もないんですが、
紅は、生理の後のホルモンバランスの乱れが日々の生活にダイレクトに影響するんです。
例えば、異常なほどの偽妊娠。
おっぱいパンパンに張って、ミルクがポタポタ垂れるほど。
それを舐めるので、おっぱいが血まみれになること。
また気持ちが安定しないのか、自分の尻尾をそれはそれは大きな声を上げてグルグル追いかけること。
また、毛布やクッションなどにマウンティングし、ガジガジ噛み切ろうとすること。
それを無理やり離そうとすると、私達にまで歯をむくこと。
マウンティングの最中は「どうしよう~辞められないの~助けて~」
とでも言うような、悲痛な叫び声をあげます。

腰フリ1219


ああ、写真に撮りきれないようなスピードです。

そんなですから、手術をしようということになったんです。

でも、女の子ってどうなんですか?
紅みたいに生理のあと、異常な行動を起こすんですか?
やっぱり紅だけなのかしら?

瑠璃のカクカクは笑っていられましたが、紅の場合は「大丈夫、大丈夫。落ち着いて」って
慰めなきゃいけないぐらいなんです。

ホント見ていてかわいそう。。。
紅ちゃん、つらいね?

加える1219


「ひゃ~~~!キャ~~~~~!!べ、紅です。
自分でもなんでこんなことしちゃうか分かりません。
こんなこと止めたいの。とめて!とめて!誰か止めて!!
体力も戻ったわ!毛並みも戻ったわ!!だから早く手術して~~~」



【2007/12/19 16:57 】
今日の出来事 | コメント(4)
『カウンター祭り』のお知らせ
紅家からのお知らせです。

皆さんのおかげで『紅っ記』がもうすぐ5000カウントを迎えます。

そこで!記念すべき5000カウントを踏んでくださった方に、
贈り物をご用意させていただきました(製作者に依頼しました)

5000カウントを踏んでくださった方は、カウント表示が分かるように画面を保存するか(保存する方法はお調べください)写真に撮ってください(『紅っ記』のカウンターだと分かるようにして)

紅家からメールをお送りできるメールアドレスを「管理者だけに表示を許可する」にチェックを入れてコメント欄に書き込んでください。

後ほどメールをお送りしますので、送り先を書いたメールにカウンターの写真を添付して送り返してください。


と、こんな感じでカウンター祭りを開催したいと思います。
コレでいいかしら?お二人さん!!

すべりだいの1212


「は~い!瑠璃ちゃんで~す。ママと一緒に滑り台に乗ってみました。てへっ!!
皆さんいつも有難うございます。
“5000カウントなんて夢みたい”ってばーばが言ってました。
あたちはそれより“皆が見に来てくれるんだから、ちゃんと更新しなさいよ”って思うんだけど・・・
痛い!!ば~ばが鼻ピンした~~~~」





【2007/12/12 01:09 】
今日の出来事 | コメント(12)
セコイぜ!紅はは
紅たちのご飯に混ぜていたオイルと、サプリが底を付いてしまった。
いつも一緒のじゃダメだし・・・ということで、リカちゃんママに教えてもらった『愛犬厨房』さんで頼むことに・・・

気になる気になる箱の中


「これなんですか?」「いいもの入っていますか?」

箱の中身が気になる様子の親子・・・急がなくても、あんたたちのものよ!!

もう待てません卑しいぞ


瑠璃「あ~、もう待てません。」
紅「ちょっと!はずかしいから止めてちょうだい」

本当に!まだ封も開けていないのに美味しいものが詰まってるって分かるんでしょうか?


オイルとパパイヤのパウダーと、いろんなものが詰まったサプリ・・・これでよし!
・・・おや?注文画面の隅に書いてある『¥8,500以上のお買い物で送料無料』

・・・足りない。あと少し、足りない。
必要なものは全てオーダーした。でもこのままでは送料がかかる・・・

良かったねお二人さん『送料無料』の甘い言葉に、紅ははついつい乗せられちゃったよ!!
チーズクッキーにかぼちゃクッキー・・・こ、これも買います!!

・・・またやっちゃった~。明日の紅ははのお昼はカップ麺です。

美味しそうなものばかり


「皆さんお寒うございます。紅です。
も~おか~しゃんったら『送料無料』とか、『今ならコレが付いてくる』なんて言葉に弱いわね~!
送料ケチるなんて、セコイわよ!
でもそのおかげで、美味しいクッキーにあり付けたから・・・ま、たまにはいいわよ。
リカちゃんのお母さんご推薦の酵素のおかげで、あたしのお腹も絶好調!!
もっともっと、美人さんにならなきゃ!ね?」


【2007/12/06 00:54 】
今日の出来事 | コメント(4)
ずるいぜ!紅はは!!
どうしても今日中に出さなければいけない案内状。
すぐできる予定でしたが、折って、封入して、糊付けて、貼って・・・
300通は思いのほか時間がかかってしまいました。

今日は紅おやじが早く帰れるとのこと。
久しぶりにそろって夕食・・・の予定なのに。。。

あ゛~~~8時になっちゃった~~。

紙袋に詰め込んで会社の近くの郵便局へ。
エリアのセンター局だから時間外でも大丈夫!!

郵便窓口


「すみませ~ん!料金別納郵便でお願いします!」

「はいはい。じゃあこのハンコ押して」

「??あの~、機械でバーって押せるでしょう?」

「あ、あれね。時間外はできないの」


なんですと~~~~?
一枚一枚手でスタンプ押せですと~~~?

「すみません。じゃあ、手伝ってください」

「あ~、他の仕事もあるんでね~~」

紅はは、ムッカー!!!
早く帰れないジャン!!

仕方なく紅おやじに電話です。


「あの~、ごめんね。まだ仕事終われそうに無いの。
郵便局でさあ、別納のハンコ手で押せって言うのよ。
これじゃあ、当分帰れそうに無いわ。子どもたち泣いてない?
ご飯食べさせてもらっていいかな?
悪いね。よろしくね」

そう言って電話を切ると、郵便局の職員が・・・

「手伝いますよ。こちらに下さい」


結果。紅はは300枚のうち半分も自分で押しませんでした。
何で急におじさんは手伝ってくれたのでしょうか・・・?

あ!私の子どもってこの子達のことなんですが・・・

多摩川親子1203


「紅です。
おか~しゃん!ずるいですね~~~。知らない人が聞いたら『残業が大変で旦那さんに子どものご飯の用意頼んだんだ・・・かわいそう』って、そりゃあ思うわよ!!
まあ、そのおかげでおか~しゃん早く帰ってきてくれたからいいけどさ~。
まったくぅ、都合のいいように使われている気がする・・・」
【2007/12/03 23:41 】
今日の出来事 | コメント(4)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。