スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
しあわせ犬
小さな家族と別れることはすごく悲しいことです。
紅はは、考えただけで涙が出ます。
でも、なぜか最近紅ははの周りでは、小さな家族と別れなければならなくなった話をよく聞きます。
そしてそれらは、本当に大切に。本当に愛された小さな家族です。

少し前に書いた、この先が心配なチワワや『わん☆くら』ブログに書かれていたダックスのような環境ではありませんでした。


少し前のことになりますが、紅家の近くのジュンちゃんが亡くなりました。
14歳でした。

ジュンちゃんは、日本一有名な観光バス会社のガイドさんの寮で飼われていたミックスの男の子です。
本名は“じゅんのすけ”と言います。

14歳なので“おじいちゃん”なんですが、紅がヒートを迎えると
「ヒ~ン、ヒ~ン、紅チャ~~~ン」ってかんじで、寮の前で鳴いていました。

いつもいつも穏やかで、玄関前の階段に敷かれたマットに横たわり日向ぼっこしていたジュンちゃん。

たくさんのお姉さんたちを毎日見送り、毎日迎えたジュンちゃん。

若いお姉さんたちに悪い虫がつかないように、しっかり見張っていたジュンちゃん。


そんなジュンちゃんがいなくなったのは突然でした。

「ねえねえ、ジュンちゃん、昨日亡くなったんだって」

朝の散歩から帰ってきた紅おやじが血相変えて報告してくれました。

「まさか・・・」

だって紅はは、その前の夜に散歩で会ったんです。
紅が「あ、ジュンちゃんだ」ってリードを引こうとしたので、
「もうお家に入っていくから、また今度遊んでもらおうね」
って、声を掛けなかったんです。

翌日、散歩から帰ってきて、えさも食べて・・・急にパタンって倒れてそのままだったそうです。
心臓麻痺だったみたい。。。

紅おやじに話している間も、ジュンちゃんの飼い主のおじさんはポロポロ、ポロポロ涙をこぼしていたそうです。
「14歳だからね~」なんて言うものの、もっともっと元気で長生きして欲しかったな・・・

それから数日して、ジュンちゃんの寮の前には祭壇が設けられていました。
バスガイドのお姉さんたち、近所の子ども・・・たくさんのお花や、お手紙が飾られていました。

アマチュアの絵画展に絵を出品したり、写真をパネルにしたりが得意なジュンちゃんのおじさんお手製の、
ステキな写真や、紅家は見たことが無い、パピーの頃の写真が飾られていました。

毎日寮の前で座っていたジュンちゃんのことは、街のたくさんの人が知っています。

「え?ここの子死んじゃったの?」

前を通る人が皆、祭壇を覗き込み手を合わせます。


「ジュンちゃんは、こんな小さな骨になって帰ってきました・・・
ジュンちゃんはしあわせ犬でした」

おじさんのお手紙が祭壇に置かれていました。

ジュンちゃんはおじさんに、おばさんに、バスガイドのお姉さんたちに、街の皆に愛されていました。


ワンコは、いっぱい人に愛される、ステキな存在なんだと、あらためて感じました。
ジュンちゃん!天国でも日向ぼっこして、まったり過ごしてね。

じゅんのすけくん


「紅です。ジュンおじさん、何でいなくなっちゃったの?
あの夜、やっぱり追っかけていけばよかったって、おか~しゃんは今でも悔やんでいるよ。
生まれ変わったら、また近所のワンコになってね。また遊んでね」

スポンサーサイト
【2008/04/23 01:10 】
今日の出来事 | コメント(4)
紅の災難
ワンって、時々「なんで?」って物に執着する時がないですか?

瑠璃のリハビリに付き添っていた紅ちゃん。飽きてきたので、リハビリ広場横の地下水くみ上げの脇にある、めだかを飼っている池(?)のそばで遊んでいたところ・・・
こんなことが起こってしまいました。

紅ははの呆れた声がちょっと大きいので音量にご注意ください。




この後いったいどうなったかと言うと・・・

なぜ紅ちゃんはトリミング台の上で紅ははにきれいにしてもらっているか・・・
衝撃映像が撮れなかったのが残念です。

紅トリミング0420


「べっ、紅です。な、なにが衝撃映像よ!!
ちょっとはしゃぎすぎただけよ!お、驚いちゃったわよ!!
『紅も泳ぎたかったんじゃない?』って、おと~しゃん!何訳わかんない事言ってるのよ!!
それにしても、恐かったわよ!!
おか~しゃんの言葉はちゃんと聞いたほうがいいわよ!!」
【2008/04/20 23:07 】
今日の出来事 | コメント(6)
サラダパパのスクール
今日はサラダパパのレッスンの日。

瑠璃のしつけに関しては、足のことが優先してしまい後回しになっていました。
その結果・・・“そろそろまずいでしょ”の状態に・・・
ということで、パピーのときに何度かグループレッスンをしていただいたサラダパパのスクールが横浜で開かれると言うことで行ってまいりました。

瑠璃の“今困っていること”の第一位は「他のワンコと上手につきあえない」
柴犬は当たり前と言ってしまえばそれまで。
トイプードルのように“超社交的”になる必要は無いけど、他のワンコに会ったとき、やたらめったらに威嚇したり、逃げたりしないようにしたかったんです。
そして第二位「やたらと人間の手を噛む」
いい加減甘噛みを直さないと、瑠璃の性格から言っても大変なことになりそうで・・・

第一の困りごとを直すには、今回のような日本犬を良く理解していらっしゃるサラダパパの指導の下、スクール形式のいろんなワンコが居る環境がいいかな~と思って参加しました。

黒い親子と

(憧れのサラダ&R親子と・・・ゴメンナサイ、青いチョークのあなたはだれだっけ?)

皆さんが競技会用の練習をしている間、お隣のドッグランへ・・・とは言うものの、瑠璃ちゃんドッグランは始めてです。
どんな行動に出るのかしら?・・・恐る恐るリードをはずすと・・・

“ダ~~~~~ッシュ!!”

「きゃ~~~!」手術以降、全力で走るなんてさせたこと無かったので、紅はは仰天!冷や汗タラタラ!!

でも、30mぐらいを2~3本全力で走ったら、瑠璃ちゃん満足したみたい。その上やはりと言うか、ケンケンし始めたのでオシマイに。

そうこうしている内に、スクール始まり。
まずはサリーちゃん、銀ちゃんとパピー同士のドッグラン。
久しぶりのお兄ちゃんとは、始めこそ“ガウッ”ってしたけれど、すぐに“キャッキャ”楽しそう・・・でもね・・・サリーちゃんがその状況をほうっておくわけがありません。
「ダメ~~!いくら姉妹でも、あたちの銀ちゃんに何するの~」って。

ラブラブな二人

(なんて仲良しの2匹なんでしょう。ね?リカちゃん)

結局、銀ちゃんサリーちゃんの間に、瑠璃は割ってはいることが出来ませんでした(笑)

呼び戻しやマテなど、基本的な練習も少しずつ毎日やるようにとの指導もしていただき、また、甘噛みを徹底的に今直すようにとも言っていただきました。
ちょうど(?)紅ははの手を“カプッ!”ってした瞬間、目の前にはそら母さんとラブ母さんが・・・「今やで!!」の声とともにしっかりホールド&「ダメッ!」
「もうちょっと我慢」「もう少しで力抜くで」「よし!抜いた」
ベテランのお二人が見ていてくださったおかげで上手に出来ました(と、自分では思います)
その証拠に、家に帰ってから一度も噛んでないんですよ~。なでようとしても、抱こうとしても大丈夫♪

もちろん、今日の第一目標も達成!!
たくさんのワンちゃんの中に居て、落ち着いていることが出来ました。
もちろんその要因は、他のワンちゃんがちゃんと落ち着いているから。

でも、こういう状況を繰り返していけば、ガウガウ攻撃やビビリも収まっていくでしょう。

今はやはりリハビリ第一ですが、もう少ししつけに気をつけていこうと思います。

そうそう、憧れのサラダちゃんとの2ショット!!
瑠璃ちゃん、まるで大好きなタレントさんと撮ったみたいね?すごく嬉しそうな顔しているよ!!

サラダちゃんと


「瑠璃です。そりゃそうよ!サラダちゃんよサラダちゃん!!
すごく落ち着いていて、ちょっぴりママっぽい雰囲気もあって・・・でも、悪いことしたら“サラダにしめてもらいなさい”ってみんなに言われて・・・しめるって美味しい?」
【2008/04/13 00:56 】
今日の出来事 | コメント(8)
怒るおやじと、嘆くはは
紅おやじは温厚です。
紅ははから見ると、時々イラッとするくらい温厚です。(でも紅ははには厳しいです)
そんなおやじが、
「アイツのこと考えると頭が痛くなるから、もうアイツのこと言うな」と言いました。
相当怒っているんだと思います。
紅ははも一緒です。やっていいのなら、乗り込んでいって、罵倒して、一発ぶん殴ってやりたいです。。。

コレを書くと、紅おやじが怒ると思います。
でもここ2日、このことが頭から離れません・・・
だから書きます。


紅家の親族が犬を飼いました。まだ片手に乗るほどのチワワだそうです。

それを聞いたとき、紅おやじと紅はは「はあ??」と、大きな声を上げました。
犬を飼うなんて想像もつかなかったからです。

なぜなら、奥さんは妊娠4ヶ月。籍を入れたばかりの夫婦です。

もちろん同居の家族に大反対されたそうです。
なぜなら、猫を拾ってきて結局親に世話を任せたと言う前科があるから。その猫も神経質で、だれかれ構わず「シャーッ!」って威嚇&猫パンチだから。
そんな子が、犬と同居できるでしょうか?

飼いたいのなら出て行けといわれたそうですが、そんな余裕は無く・・・

結局「買ってきちゃった」からもう仕方ないと言う、既成事実にもっていったのです。


勘弁してください。おもちゃじゃないんです。
何で今なんですか?あと半年ちょっとしたら人間の子が生まれるんですよ!
「動物がいると心が安定して胎教にいいから」
・・・バカ言うな!
これから数ヶ月、トイレにご飯にしつけに・・・ノイローゼになることがあっても、胎教にいいとは思えない!!

それに、そんな小さな、ワクチンもまだ全部済んでいない子を、平気で外に連れて行っているのだとか。
そりゃあ、社会性のために日に数十分、抱いて近所を散歩することはありますよ。
でも、遊びに行くのに連れて行くって・・・
部屋の中、真っ暗なまま夜まで留守番させておくって・・・

ねえ、飼い方勉強した?誰かに教えてもらった?
最近でも、朝晩は寒いよ!湯たんぽ入れてあげてる?

もう、心配したらキリがありません。考えただけで紅はは泣きそうです。

男の子のチワワ君。柴犬の比じゃないくらいしつけ難しいですよね?
家族の中で王様に君臨するチワワって、紅ははの周りにたくさん居るんです。
それに・・・新しい家族に攻撃するチワワもよく聞きます。
水頭症や心臓病、骨折なども多いですよね?
犬を飼うのってお金たくさん要るんです(紅家の実感です)
可愛い服着せるのが犬を飼うことじゃないんです。


なんで、相談してくれなかったのかしら。
そんなに紅家は信用されていないのかしら?

「相談したら反対されるの分かってるから」

紅おやじ。もっともなことを言います。。。

子どもが産まれても大事にしてくれるかしら?
病気や怪我も、お金を惜しまず対応してくれるかしら?
他の人の迷惑にならないように、ちゃんとしつけできるかしら?

そして・・・邪魔になったからって、捨てたりしないかしら。。。


我が家は、紅を飼うまで5年悩みました。最後は大阪まで行って、ブリーダーさんに家の間取りまで説明して、生活時間も説明して、そのうえで飼うことを決めました。
それがこの娘さんです。
大事に大事に、時にきびしく育ててきた我が子です。

パパのひざで


紅ちゃん。うちの子で幸せですか?

紅は赤ちゃん


「紅です。この格好見たら分かるでしょ?
チワワ君、今から里親の予約受付しておいたほうがいいんじゃない?
あら?あたしって毒舌??」
【2008/04/08 23:29 】
今日の出来事 | コメント(11)
桜並木で
東京は桜満開!
週末の雨がちょっと残念だったけど、まだギリギリ楽しめますよね。

皆さんご存知ですか?
桜って、満開にならないと散らないんですって。
(本当かどうかはわかりません。そう聞いたことがあるんです)
そういえば、5分咲き6分咲きぐらいで強い風が吹いても、花のまま落ちたりするけど散らないですよね?
その代わり、満開になるといっせいに・・・なんていざぎいいんでしょう。


紅家の近くの某総合病院の敷地には、桜の木がたくさん植わっています。
病院の敷地内だから「ワンコの散歩禁止」って書いてあるんだけど、みんなステキなところなので散歩させてもらっています。

特にこの季節の散歩は楽しいの!!

病院の中なので、お酒を飲んで騒ぐ人もいないし、もちろん焼き鳥の串が落ちているなんてこともありません。


ねえ紅ちゃん。きれいでしょ?
でもちっちゃい紅ちゃんには見えないわね?

上のほう見るときれいな桜が咲いているのよ~~~
あらら?なぜか写真がアップロードできないわ!!
紅ちゃんにも見せてあげたかったのに!

小さい桜


「紅です。おか~しゃん、これですか?
これが桜の花ですか?なんだか小さくてかわいいですね?
あたしにも十分楽しめますよ。」

※なぜか、紅の目線の高さに2~3輪咲いていたんです。


【2008/04/01 22:49 】
今日の出来事 | コメント(3)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。