スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
1歳になりました
2007年7月24日。私たちの大切な紅に赤ちゃんが生まれた。
藍(柚)、銀、瑠璃。
ウキウキしながら迎えたその日は、紅家にとって激動の1日だった。

(ご存じない方は『紅ちゃんママになる』をどうぞ)

あれから1年。
3匹の子紅は元気に誕生日を迎えた。


美人の柚ちゃんは、ちょっぴり甘えんぼさんになっていた。
おねーちゃんとは大の仲良し!家族の愛情を一身に受けて、幸せそのもの。
先日の測定では体重5.1キロ。
足のことがチョッピリ心配だけど、家族の愛できっと克服できるよね!

銀ちゃんは気は優しくて力持ち。今でも「銀ちゃん!」と声を掛けると嬉しがってくれる(紅おやじ大感激!!)
こちらもちょっぴり甘えんぼさんかな?
パパ、ママ、おねーちゃん。本当に大切に育ててくれている。
体重は5.4キロ。男の子だもん、しっかり大きくなってね。

我が家に残った瑠璃は、気の強い『瑠璃姫様』に見事成長!
最近では“やや下克上”ぎみなのが、ちょっと心配。
良い先生にめぐり合い、足の手術も完璧で今週末は抜糸です。
体重は今だ4キロに満たないけど、元気そのもの!大丈夫!!


そして・・・子紅の誕生日は、紅に感謝する日でもある。


私たちの大切な紅ちゃん。素晴らしい子紅たちをこの手に抱かせてくれて有難う。
これからも元気で楽しく過ごしていこうね。


というわけで、プレゼントです。


プレゼントだよ
「なんでしゅか?これなんでしゅか?・・・」

あたしの
「ああ~、いつもすみませんねえ。あたしへの『ご苦労様』のしるしですか?」

「何言ってるの!仲良く二人で分けなさい」

二人仲良くね

「は~い!瑠璃です!いい子で待て出来たでしょ?
これをしないと“プレジェント”もらえないんですって。
でもなんでお菓子ばっかりなの?もしかして・・・食べ物に目がない親子だから?」
スポンサーサイト
【2008/07/25 00:38 】
今日の出来事 | コメント(13)
柚ちゃんのこと
瑠璃たちの1歳の誕生日を目前に控えて、紅家が予想もしていなかったニュースが飛び込んできました。

3子紅の長女、柚ちゃんの足に異常が見つかりました。
瑠璃と同じ“膝蓋骨脱臼”です。

話を聞いたときは「まさか」の一言でした。
瑠璃の脱臼が見つかった生後2ヶ月足らずの頃、3匹全員のレントゲンを撮って、柚ちゃんに問題はなかったはずです。
確かに膝蓋骨脱臼は遺伝性の病気といわれますが、それでも発症する子としない子がいます。
瑠璃は発症したけれど、銀ちゃん柚ちゃんには問題ないと疑いもしませんでした。

なのに・・・1歳を目前に症状が出るなんて。。。



近くの病院で診察を受けたとのことでしたが、瑠璃がお世話になっている病院でどうしても一度診ていただきたいとお誘いし、一緒に行ってきました。



幸い、グレード1と一番軽い症状で、今現在手術の必要は無いとのこと。
一時的に炎症があり多少痛みがあるようなので、薬で炎症を抑え痛みが治まったところで、しっかり運動し筋肉を鍛えること。
ただし、関節に負担がかかるような競技やジャンプなどは控えること。

即手術なんて状況ではなくて安心しました。




しかし紅はは・・・柚家のパパ、ママ、おねーちゃん、おばーちゃんに申し訳ない思いでいっぱいでした。
柚ちゃんは、美人で頭が良くてやさしくて、本当に胸を張ってお譲りした“自慢の娘”だったんです。それがこんなことになるなんて。
これからだって病院での定期的な観察が必要になります。
こんなご迷惑をおかけする結果になるなんて・・・

本当に申し訳なくて、申し訳なくて。口には出しませんでしたが、久しぶりに会った柚ちゃんママになんて言葉をかければよいか・・・そう思いながら病院で会ったのですが・・・


柚ちゃんがおねーちゃんとどんなに仲がいいか、パパのことどんなに好きか、ママにどんなに甘えるか・・・お話を聞いているうちに紅ははの心配は吹き飛んでしまいました。
それよりも「柚ちゃん、家族からどんだけ愛されとるの!?」(関西弁で)というぐらい、大事に大事に、柚家の末娘となっているのがよくわかりました(うちも見習わなきゃ)

柚1


初めての、しかもすごくたくさんのワンコが待っている病院でママにしがみついている柚ちゃん。
ふとした表情が黒豆健太君に似ている柚ちゃん(柚ちゃんママ談)
可愛くて、やさしい、柚ちゃん。
やっぱり、柚ちゃんは自慢の子紅です。

柚ちゃん!痛いのが治まったら、みんなで走り回って鍛えようね!!


柚2


「みなさんご無沙汰しています。以前藍ちゃん今柚ちゃんです。
まさかのビックリ!あの、いじわる瑠璃とおんなじ病気になっちゃいました。
でも、瑠璃ちゃんとくらべて軽いので良かったです。
心配してくれたリカちゃんママ、パパありがとう。

あたちももうすぐ1歳。パパママ、おねーちゃん、おばーちゃん。みんなやさしくって大好き♪
特におねーちゃんとは大の仲良しで、毎朝お顔ベロベロなめて起こしてあげるの。

これから時々『紅っ記』に遊びに来ちゃおうかな。これからもよろしくね」










専任スタッフが安心のサポート
看護師の転職なら

スマイルキャリアナビ
【2008/07/23 01:09 】
今日の出来事 | コメント(4)
バカ娘
20080720183829
ご紹介します。

我が家のバカ娘ちゃんです。

ちょっと目を離した隙に、お膝の絆創膏をエリザベスカラーをものともせず…はがしました。

確かに、化膿止めの薬は飲んでいますが、万が一のことがあるといけません!
でも横浜まで行くのは大変です。

仕方なく紅はは、仕事をさぼってタクシー飛ばして、ホームドクターの所で処置していただきました。

しかし、我が家のバカ娘ちゃん。これだけではすみませんでした。

午後から出社した紅ははが、お仕事から帰ってくると…

あ゛~~~~!絆創膏が無い~~~~!!

やりますか?こんな事?

仕方なくまたまた病院に行くと、先生方に苦笑されちゃいました。

そして今度は絆創膏せずに…ホッチキス…

「もし食べちゃっても、大丈夫ですから」
あ~あ、全開バカ娘です。

エリザベスカラー付けているのに、なんで届くのかしら。なんではがすのかしら。

誰に似たのかしら…
ん?そう言えば…

避妊手術のあと絆創膏はがしたのは…バカ娘ちゃんのママさん…

似たもの親子みたいです。

【2008/07/20 18:38 】
今日の出来事 | コメント(2)
ついにこの日がやってきました
ついにこの日がやってきました。
手術から6ヶ月。
瑠璃の足に埋め込まれたボルトを抜く日が来たのです。




瑠璃の足の異常に気がついたのが生後1ヶ月半過ぎでしょうか。
急遽、紅家に残るはずの藍ちゃん(現、柚ちゃん)と交代し、紅家に居残ることとなり、
それから必死で探した専門医(実はホームドクターのお師匠先生でした)

「上出来中の上出来」という手術結果にもかかわらず、なかなかまともに歩いてくれず、
それでもけなげに頑張ったプールリハビリ(紅おやじもははも頑張りました。紅も寂しさに耐えました)



そしてついに・・・本日、固定していたボルトを抜く日がやってきました。

病院到着


瑠璃「あれ?いつもの病院でしょ?何で今日はプールに行かないの?ここで待ってるの?」

そうよ瑠璃ちゃん。今日は特別な日なのよ。
それにしても・・・瑠璃ちゃん、顔変・・・



診察台の上


瑠璃「なんで?なんでいきなり診察台に乗せられるの?いつもは、プールと赤外線の後でしょ?
ねえ・・・なんかイヤな予感がするの・・・」

フフフ・・・さあ、なんででしょう。それにしても・・・置物?




点滴準備


瑠璃「って!なんで?なんで、あたちのお手手に点滴が・・・よみがえる、悪夢の日々・・・」




麻酔ok


紅はは「瑠璃ちゃんカンがいいわね。あなたは眠くな~る。眠くな~る・・・とりあえず、1歳を目前に、残ってる乳歯を抜いていただきましょうね。あと、マイクロチップも入れていただきましょうね」


紅はは「さあ瑠璃ちゃん、これからが本番よ。さあ、まな板の上の瑠璃ですよ~」




母心配


紅「こんにちは。今日も第一責任者としてついてきました。いつもながら先生や看護師さんたちに『お母さんは大人しくていい子ね~』って言われますが・・・単に固まってるんです。でも、やっぱりちょっと心配です」


そして・・・



手術成功


無事に、手術成功しました。
まだオネムですが、麻酔からは覚めたようです。
抜糸までは2週間ほどですが、これからしっかり歩いて筋力を付けていかなくちゃいけません。
リハビリもまだまだ続きますが、紅はは少し肩の荷が下りました。

これからも一緒に頑張ろうね、瑠璃!!










専任スタッフが安心のサポート
看護師の転職なら

スマイルキャリアナビ
【2008/07/15 00:30 】
今日の出来事 | コメント(16)
ハチコウの爪切り
ここのところ、トンと楽しい話題の無い紅家。
そんな紅家にお届けものです。
それは『ハチコウの爪切り

瑠璃がお世話になっているリハビリの先生から薦めていただきました。

リハビリ後の瑠璃が乾燥機に入っている間暇だった紅家は、紅の長い爪を切ろうと、先生に爪切りをお借りしました。
すると・・・まあビックリ!!なんてよく切れるんでしょう!しかも、角まで細かくトリミングすることが出来るんです。

紅はは「先生!この爪切りすごいですね!!プロ用ですか?」

リハビリ先生「専門店に売ってると思うけど、トリマーさんはコレを使いますね」

トリマーさんにお世話になったことの無い紅家。
たぶんこれからも爪切りは自宅となるでしょう。
すでに1個ありますが、こんなにいいものなら・・・ほしい。。。

爪切り


と、言うわけで買っちゃったのが左の“ハチコウの爪切り”ちなみに右がホームセンターで買った爪切り。

どこがどう違うかというと・・・
ギロチンタイプは一緒なのですが、ハチコウのは両刃。ホームセンターのは片歯なんです。
はさみで切るか、紙を切る裁断機で押し付けて切るかの違いです。

両刃で切るので、爪への圧力も極力少なくてすみますし、ヤスリで削らなくてもいいぐらい角のトリミングが楽なのです。

コレは素晴らしい!!

では早速・・・


おお!瑠璃ちゃん!長いチュメですね。

長くなりましたね


「じーじ、なんですか?その目は??たのしそーにあたちのお手手を見ないでくだしゃい」

やられます


「なんでしゅか?そのキラン☆と光る物体は?」

なにするですか


「いや~~~!!何するの??
こわいよ~、あたちのチュメがチュメが・・・あれ?いつもみたいに“ガシャン”ってなんない。
え?もう終わったの?じゃあ・・・ごほうびのお菓子ください」








専任スタッフが安心のサポート
看護師の転職なら

スマイルキャリアナビ


【2008/07/02 00:04 】
今日の出来事 | コメント(11)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。