スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
本年度最終『親ばか会』
三連休のど真ん中。いい夫婦の日、久々の『親ばか会』をいたしました。

いつも「紅はは、雨女だから・・・」なんて言っていますが、この日ほど雨女を自覚したことはありません。
私の実力、半端じゃないです!!

それでも、リカママ&健太ママのW晴れ女が頑張ってくださって、何とか雨も上がってくれました。
(寒波までは吹き飛びませんでしたが・・)


さて、本日のキャストのご紹介・・・

まずは、紅の異母兄弟のリカちゃんと健太君そして紅ちゃん。


大人チーム

大人3匹のスリーショット!

そしてリカちゃんの娘、サリーちゃん。


風邪引きサリー

今日はお風邪でずっとパパの腕の中でした。銀ちゃんとのラブラブバトルも静かだったわ。


紅の息子、銀ちゃんはラブラブ・サリーちゃんに遊んでもらえないので、とりあえず“お久しぶり”のママと・・・


銀と紅

紅「銀ちゃん。いい子にしてた?」



皆忙しい11月。何処に行こうか迷っていたら、プーちゃんママのブログで井の頭公園のことが・・・
近場にいながらも行ったことのない親ばかさんたち。これは行かねば・・・

ということで、近くでエンジョイ!でございます。


グリーンカレー

ランチは公園内にあるアジアンフードのレストラン。
紅はは大好物のグリーンカレーもとっても美味しかったです。


健ママの餌付け
もちろん、恒例の“健ちゃんママによる豆柴の餌付けショー”も!



さよなら富士丸

この日は偶然、富士丸君のお別れイベントの日。
たくさんのファンがかけつけていました。
こんなにたくさんの方に愛されて、幸せだったね富士丸君。




記念撮影1

記念撮影もこんなに上手に出来るお嬢さん、お坊ちゃん。
周りの人たちに「いいこね~」って褒められましたよ。


変な親子

そんないい子ならと、ステキな親子ショットを狙ったのですが・・・
おいおい!!どっち向いてるのよ!!



そんなこんなで、本年度の『親ばか会』も無事に終わりました。


記念撮影2

帰りの記念写真では、銀ちゃんのお目付け役にパパさん参加(笑)
なんて可愛い豆ちゃんたちでしょう。



交配の難しさを言う反面、こんなにステキな親戚を作ってくれたのもまた事実・・・



この日は、実は紅ははと紅おやじの11回目の結婚記念日。
ワンコまみれの一日という、ステキなプレゼント有難う♪
スポンサーサイト
【2009/11/25 00:09 】
今日の出来事 | コメント(8)
指定席♪
20091117092537
週末。サラダパパのスクールに行く予定が雨のために中止になってしまった
(*´Д`)=з

やはり雨女パワーか…

洗濯もできない休日。

そんなときは、リビングの床にペタンと座り、テーブルでお勉強してます。

すると…どこからともなく瑠璃ちゃんが足の中に…

一度は「ねぇ~、消しゴムで遊ばせて(^O^)」とアピールするのですが、もちろん却下され、そのまま紅ははの太ももに顎を乗せ、うつらうつら…


紅は決してこれをしません。

ここが瑠璃の指定席なんです♪

いや~ん。かわいい(*^_^*)




追伸
たくさんのコメントありがとうございました。
また、直接メールもありがとう。


これからも伝えたいことはちゃんと伝えていきたいと思います。

これからも紅っ記をよろしくお願いします。
【2009/11/17 09:25 】
今日の出来事 | コメント(6)
背負った荷物
ずいぶんとご無沙汰してしまいました。
どんなふうに書けばいいのか迷っているうちに、時間が過ぎてしまいました。

何から話しましょうか・・・


まず事実から。

先日、紅の長女“柚ちゃん”が手術を受けました。
『若年性白内障』の手術です。

10月中旬に目の濁りに気付き、あっという間の進行だったそうです。
今回の手術では片方の目だけでしたが、いずれはもう一方の目も手術する事になるそうです。


柚ちゃん2歳の誕生日

7月の誕生日にはこんな大きなケーキを用意してもらい、お祝いしてもらった柚ちゃん。


連絡を受けたときには心臓が止まるかと思いました。


以前から『紅っ記』に遊びに来てくださるお友達は、柚ちゃんがどんなに大変な難産で、どんなに大変な状況で生まれてきたかご存知だと思います。
また、紅家がどんな思いで手放したか。そして、どんなに素敵なご家族の一員になったかもご存知だと思います。

それだけに『若年性白内障』という言葉は、我が家には本当に重かったです。


『若年性白内障』・・・主に2歳半ごろまでに発症する遺伝性要素の強い病気です。


遺伝の病気・・・

我が家の瑠璃の足は『膝蓋骨脱臼』で手術しました。
歩き始めてすぐに左後ろ足の異常に気付き、それから数ヶ月で細い細い足にメスを入れました。
毎週、毎週リハビリに通い、何とか困らないようにはなりましたが、いまだに完璧ではありません。

その上、右の足も同じく『膝蓋骨脱臼』の診断。
しかし、左に続いて右も手術をするには負担が大きすぎると、経過観察の状態です。

柚ちゃんもこの『膝蓋骨脱臼』です。
今のご家族の元に行ってから発覚しました。手術するほどではないとのことですが、しっかり運動し筋肉をつけていくことが必要な状況です。



『若年性白内障』と『膝蓋骨脱臼』・・・いずれも遺伝性の要因が強いと言われている病気です。



紅が家族になってから、我が家は特別疑問を抱く事はありませんでした。
なぜなら紅は“ちょっとお腹は弱い”けど、とりたてて大きな病気もなく元気に過ごしていたからです。
ですが瑠璃の足のことが分かり、それからいろいろ調べていくうちに、病気のお友達の多い事に気付いたんです。

「病院に行った」「検査をした」「薬を飲んでいる」etc・・・

お友達のブログにはこんな言葉が踊っています。

たまたま紅が何の病気も出ていなかっただけで・・・私達が気付かなかっただけで・・・

紅の異母兄弟には『膝蓋骨脱臼』のお友達がいます。
手術をした子も、時々外れるけど経過観察の子も・・・

紅の3匹の子どものうち、2匹が『膝蓋骨脱臼』です。
素人考えと言われればそれまでですが、紅の血縁からの遺伝だと考えられるのではないでしょうか。


しかし“たまたま”何の症状も無い紅しか見ていなかった私達は、紅に子どもを産ませる事がどんなにリスクのあることか、その時は分からなかったんです。


怪獣だ何だと言いながらも、瑠璃を抱き上げたとき「ごめんね。ごめんね」と、いまだに瑠璃に話しかけます。
いろんな病気を背負わせた柚ちゃん。カイカイがひどい銀ちゃん。
私達が無知だったせいで、本当に本当に重い荷物を背負わしてしまいました。


これから先、銀ちゃんの目や足に異常が現れないとも限りません。
瑠璃の目に異常が現れないとも限りません。
そうなったとき、また私達は自分の無知を嘆くのだと思います。


ただひとつ幸いなことは、柚ちゃんの家族も、銀ちゃんの家族も、本当に大切にこの子達を可愛がってくださっている事です。
「柚は家族の中心だから、どんな事があっても家族みんなで頑張るよ」
柚ちゃんのママはそう言ってくださったそうです。


私は豆柴が大好きです。
紅おやじのたっての希望で飼いはじめましたが、こんなにかわいい子たちは他にないと思っています。
だからこそ“小さい”“かわいい”だけじゃない、元気で病気知らずな豆柴がもっともっと増えて欲しい。

遺伝性の要因を持つ子を繁殖に使わないのは常識のはずです。
私達素人だって分かります。
銀ちゃんも、柚ちゃんも、瑠璃もこの先子どもを産ませることはありません。
紅の血筋はこれで終わりです。


これから先、どうか遺伝性の病気なんていうものを受け継がない豆柴が生まれて欲しい。

心の底から願っています。




最後に、遺伝性の病気が発覚してしまっても、できるだけ早く発見し、出来るだけ早く処置すれば、それまでと変わらない生活を送ることも出来ます。
皆さんの不安をあおるつもりはありませんが、もしこの名前が血縁にあったら、病気のことを気にしてください。そして「あれっ?」って思ったら、すぐ病院に行ってくださいね。


紅のパパ・・・黒小龍:パパ方のおじいちゃん・・・小虎丸:パパ方のおばあちゃん・・・小成姫
紅のママ・・・小紅姫:ママ方のおじいちゃん・・・小八丸:ママ方のおばあちゃん・・・小桜

瑠璃のパパ・・・小黒竜:パパのおじいちゃん・・・小黒伸竜:パパのおばあちゃん・・・小裕己


大好きな豆ちゃんたちが、いつも元気に家族と過ごせますように。





追伸
思い切ってこのことを書きました。
ブリーダーさんを批判しているとお怒りになる方もいるかもしれませんね。
もしかしてコメント欄炎上とかしちゃうのかな・・・
実際、お友達のお友達のブログは遺伝とブリーディングについて、かなり強く意見を書いたら・・・管理画面に侵入され、過去の記事や写真を全て消されたそうです。

もしかしたら、これが紅っ記最後になるのかしら???

紅はは、ひ弱なのであまり心臓に悪いことしないでね(笑)
【2009/11/12 01:35 】
今日の出来事 | コメント(21)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。