スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
目薬は難しい

紅と瑠璃の瞳を守るために、朝晩2回目薬をさすように処方してもらった。



食い意地のはった我が家のお嬢様たちは、飲み薬だったら何の問題もない。



カモフラージュも無しに、ご飯の上に置いただけでも、平気で平らげてしまう。


しか~し!生まれて初めての目薬はそうはいかなかった。


とりあえず、ご飯を前に“おあずけ”状態でやるのですが、まあ、紅はイヤイヤながらも「コレを我慢すればご飯が食べられるんだわ」と、黙ってやらせてくれるんですが…


問題は瑠璃でして、いゃ~困っております
(*´Д`)=з


ゲージに入れ、首輪をし、まさに“首根っこ押さえつけ”状態で。
それでもギャンギャン鳴きわめくのを、紅おやじが羽交い締めにし、紅ははが目薬をさすという『紅はは一人じゃ到底出来ません』攻撃です。



たぶん、これから一生(?)続くわけですし、もっと“楽~に”目薬をする事できないでしょうか。


だれか『楽に目薬をさす方法』教えて下さいm(_ _)m

スポンサーサイト
【2010/06/30 09:28 】
今日の出来事 | コメント(9)
こんな事まで仲良し親子

かかりつけの動物病院での健康チェックで、白内障になりかけていると指摘を受けた紅。


心配性の紅はは、すぐさま眼科の専門医に予約を入れ、また少しでも進行が遅くなればとサプリメントを飲ませていた。

なかなか予約が取れない眼科専門医。
ついでに瑠璃も診てもらった。



一通りの検査が終わって、先生の診察と説明。



まずは瑠璃ちゃん。
診察台の上で、笑っちゃうほど固まって、看護師さんを困らせる(=^▽^=)


ずいぶん前から時々目を細めるのが気にかかっていたけど、瞼をソッと触っても嫌がらないし、特に気にしていなかった。

そうしたら…


「初期の白内障ですね」


はぁ????????????????

検査結果取り違えていませんか?
この子、瑠璃ですけど!
この子、まだ来月3歳になるんですけど!!!
先生!もしかして…ヤブじゃないんですか(`へ´)


そんな“失礼なこと”が頭を駆け巡った。


しかし、今まさに先生が診察しているのは瑠璃だし、モニターに映し出された瞳には、水晶体の一部にくもりと、はっきりとした放射状の線がある。

「この線が白内障の特徴なんですよ」



ヤバい。倒れそう…

紅の診察に付いてきて“せっかくだから”と診てもらっただけなのに…


先生曰わく、柴犬は白内障になりやすい犬種であるとのこと。
発症時期が若いか老齢かで、若年性云々言うだけで、正確な違いはないとのこと。
ただ、我が家の場合は同胎犬の柚ちゃんのことがあるので、瑠璃に関しては先天的な問題があったかも、とのこと。


あぁ、めまいが…


紅に関しては、確かに白内障の初期。
ただ「普通の動物病院でよく気づいてもらえましたね。優秀な先生ですね」とのこと。
ホント、感謝です。眼底はとても美しいとも言っていただきました。


紅に比べ瑠璃の方が進行しているとのことですが、いずれも“初期”とのことで、日頃の生活の中で視野が狭くなっていないか気をつけて過ごし、少しでもおかしいと感じたらかかりつけの病院へ。

そして、手術の必要性があればその時考えましょうとのこと。


とりあえず、瑠璃には人間でいうドライアイの症状があるので(シバシバの原因はこれだったみたい)この症状の改善のために朝晩の目薬(紅にも)そして血行を良くするための温熱パックと瞼のマッサージ。


サプリメントは臨床データが無いのでなんとも言えないが、抗酸化力を期待することと、飼い主の満足で、与えていても問題ないとのこと。


はぁ~
ネガティブな話題に事欠かない紅家ですが、こんなに大きな問題背負い込むとは(><;)


膝蓋骨脱臼だけでは足りなくて、白内障まで背負わすのでしょうか。


ここまできても「そんな病気は、遺伝と決まっていない」とか「お宅のように次次病気がでるのは聞いたことがない」と言っちゃうのでしょうか。




我が子の交配を考えている方。どうか今一度、考えて下さいね。

我が子には何の問題もなくても、その子供がどんな重荷を背負うかわかりませんからね。



紅家はこれから、W白内障のお嬢様たちと頑張って生活していきます。

“目に良い”情報あったら教えて下さいませm(_ _)m
【2010/06/28 00:59 】
今日の出来事 | コメント(5)
効き目はどうかな?

紅の目に濁りがあると指摘されてからひと月半。

やっと専門医の検査が受けられます。

平日行けないこともあって、こんなに遅い予約となりました。



白内障の指摘を受けたとき「そう言われれば濁ってる~」って思い、少しでも進行を遅らせようと購入したのがこのサプリメント。


毎日一さじ。

気のせいか、濁りが薄くなってきた気がするんです。


さて、今週末の病院では、なんと言われるかしら(?_?)


問題ないならこのサプリメントのおかげかな?


ただね…お高いのよ( ̄○ ̄;)

続けるのは大変だわよ!!
【2010/06/24 21:43 】
今日の出来事 | コメント(3)
その後の紅家
いつまで家庭内暴力が続いているのかとご心配いただいているかと思いますが・・・
報告が遅くなってすみません。


紅と瑠璃の親子バトルについて、本当にたくさんのお友達から心配のメッセージやメールをいただき、ありがとうございました。

感謝でいっぱいです。



さて、その後の親子ですが、微妙な距離感はあるものの、流血バトルはなくなりました。



我が家が(というより私が)一番に実行した、というか心掛けたのは、トレーナーのサラパパから言われた

①紅と瑠璃をひとまとめに考えない

②紅と紅はは、瑠璃と紅ははという関係を確立する

③悪いこと、良いことを、心の迷いなく指導する


でした。


お恥ずかしながら、我が家はワンコ飼いとしてあるまじき、“仕事命”のライフスタイル(><;)

紅一匹の時はさほど問題なかったものの、二匹となるとじっくり付き合う事ができないでいました。


そこで意識的に瑠璃との時間、紅との時間を作り、紅との時間に瑠璃が割って入ってきても無視!

また瑠璃との時間に紅が寂しそうにしていても無視を決め込みました。



食事も紅が食べ始めても、瑠璃はゲージで待機。
待機できなければご飯がもらえません。
(もちろん危険なので、境界線は作ってあります)


ガウガウが酷い間は散歩は別々。
これにより“ウンのための散歩”から“一緒に歩む散歩”に変わっていきました。


また、紅にしろ瑠璃にしろ、ガウったら350ミリペットボトルが飛びます!
リビングのいろんなところに置いておきました。



これらの事以外にも、バッチフラワーレメディも試しました。

以前ブログに「試してみようか」と書いたので、お友達が送ってくださったんです。
(本当にありがとうございました。感謝しています)


これは、瑠璃だけでなく紅にも使ってみました。

まず、1週間ほどで瑠璃は“私達に触られるのを嫌がらなくなった”のです。
別に、今まで意地悪をしたことなんて無いんですが、
瑠璃は触られるのが大嫌い!!
こちらが撫でようと思っても「ひぇ~~~っ!」って逃げます。
もちろん、お腹を出したり、ヘソ天で寝る事なんてありません。

それが、いい子いい子!って触ってもうれしそうにしているんです。
また、ヘソ天まではいきませんが、横になって寝ているときに、
お腹や下腹の方に向かって手を突っ込んで撫でても嫌がりません。

もちろん、紅に対しても寄れば触ればはなくなり、普通の「ママ~ッ!あそぼ~~~っ!!」ってうっとうしいぐらい誘っています。

紅は紅で、いつもびくびくしている事がなくなりました。
これは、うれしいのかうれしくないのか分かりませんが、
ガウガウが酷かったときはしなかった“瑠璃のウンPを食べる”ことが、復活しました。

・・・うれしいような・・・悲しいような・・・



とはいえ、まだまだ少し微妙な距離は残っていますので、
気を抜かずにしっかりと接して行きたいと思っています。

親子1
「ね?紅ちゃん!瑠璃ちゃん!仲良しさんだよね?」



親子2
「は~い?なんでしょうか?」
「なんでちゅか?」


【2010/06/22 18:28 】
今日の出来事 | コメント(4)
うちの子も 柴犬です

本屋さんで、コーチングや組織作りなどのビジネス書を物色していたが…


納得する本がない。

しかたないなぁ…なんて思いながら帰ろうとすると1冊の本が私の目に飛び込んできた。

『うちのコ 柴犬』


あ、買わなきゃ。


多頭飼いの悲喜こもごも…いぇ、悲悲こもごも&後から迎え入れた怪獣について描かれていた。



あぁ、ここにも悩み多き母がいた(-o-;)
【2010/06/11 20:23 】
今日の出来事 | コメント(5)
家庭内暴力、その後

皆さんこんにちは。

家庭内暴力に悩む保護者です(*´Д`)=з


あれから私たちが目を光らせているからか、本気ガウは2~3度しかしていません。


が、写真のように紅はダイニングスペースで過ごし、リビングに行こうとしません。

冷たい床でじっとしているのがあまりにかわいそうで、ダイニングテーブルのベンチの下にマットを敷き、そばにトイレとケージを置きました。


1階にも、トイレとベッドを置きました。


以前模様替えをして、リビングスペースとダイニングスペースを区切るようなレイアウトにしてしまったので、これも対立の図式の原因ではないかと話し合い、週末元の形に戻してみます。



たくさん励ましのメッセージをいただき、本当に嬉しかったです。

親子多頭飼いでも、他人多頭飼いでも、仲良くできる子はたくさんいます。


なんとかここを乗り切って、仲良し親子を目指します。



【2010/06/03 09:36 】
今日の出来事 | コメント(17)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。