スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
手術完了
昨日1時間以上かけて超長編記事を書いたんですが・・・タイムアウトして消えました。。。最悪です。
今日からwordで下書きしてから貼り付けることにします。ブログっていつからこんなに面倒になったのかしら?



さて、先日12日瑠璃の足の手術をしました。
紅のお腹にいた頃には発症していた、生まれ持っての病気です。
病名は『膝蓋骨脱臼』関節の溝が浅くて、関節のお皿をつないでいる腱が溝からずり落ちてしまうと言う症状です。
幸い、瑠璃の症状はグレード3。手術をすれば元に戻ると言う状態でした。


手術当日、執刀してくださる会長センセ(勘違いでした。今は院長センセはお弟子さんで、紅ははの言っていた院長センセは会長センセでした)の時間の都合で、12時ごろに病院へ。

術前の処置として、点滴をするための針を刺し、鎮静剤を注射します。
診察台の上で、紅ははが瑠璃を落ち着かせると・・・ウンともキュンとも鳴かずに針装着OK!お注射も我慢できました。
処置を担当してくれた若い先生も「大人しいですね~!柴ちゃんは要注意なんですよ!!だから助っ人を呼ぶ用意をしていたんですが、この子はいい子ですね~」と褒めてくださいました。

準備ができるまで待合室で待っていると・・・グエッ、グエッ・・・グエ~ッ!!
瑠璃ちゃん紅ははの手のひらと、紅おやじのズボンに2回もゲロっちゃいました。

注射の影響だそうです。あらら、かなりブルーな瑠璃ちゃんです。

今から手術0112



さて、30分ほどで先生がお迎えに来てくれました。
麻酔をし毛を剃り、いよいよ手術です。

手術室はガラス張りで中の様子が良く分かります。また、モニターで手術の様子を見ることができます。

手術室には、会長センセのほかに4~5人の若いセンセと、研修中の学生さんでしょうか一所懸命メモを取っている方が数名いらっしゃいました。


瑠璃の小さな足にメスが入ります。
こんな小さな子にこんな大きな手術をさせるなんて・・・分かっていても、紅はは申し分けなくて涙が出てしまいました。
モニターに映る瑠璃の骨は、手術をする先生方の指の半分ほどの細さしかありません。
そこに彫刻等のような器具で溝が刻まれ、本来の位置に戻した腱をずれないようにするために、ボルトが骨に打ち込まれます。
さすがに骨に穴を開けるときには、紅はは目をそらしてしまいました。

手術風景0112



術前の説明どおりに無駄なく手術は進んでいきます。
患部の作業が済んだところで、会長センセが指でOKマークを作りながら出ていらっしゃいました。

「完璧!大丈夫ですよ!!安心してくださいね」
関節の権威と言われる先生が、今までこの症状だけでも数千例の手術をしてきた先生が「完璧!」っておっしゃるんですから安心しないわけがありません。

傍を通ったほかの先生が「あれ?もう終わったんですか?」って言うぐらい早かったです。
それに対して会長センセは「手術なんて時間をかけるものじゃないよ!いかに短い時間で完璧な仕事をするかだよ。時間をかけたら患者の負担がそれだけ大きくなるからね」
・・・もっともすぎて言葉がありません。

縫合は、会長センセいわく「とっても上手な先生が縫ってくれるからね」ということで、若い先生が本当に丁寧に処置してくださいました。

その頃瑠璃ちゃんは・・・まな板の上の瑠璃状態です。

術中の瑠璃0112



手術終了から20分ほどして、自発呼吸ができるようになりました。
やっと面会可能です。

術後の瑠璃0112


しばらくはこのゲージが瑠璃の病室です。

べろだし0112


あっかんべーした瑠璃の舌。ピンク色なのが自発呼吸ができている証拠だそうです。
でもまだ目は開きません。
それでも不安がるので撫でたり声を掛けてあげてくださいとのこと。

私たちが撫でていてもウンともスンとも言いません。

ママ心配0112



私たち以上に心配な紅ちゃん。
「大丈夫?大丈夫?」
瑠璃の顔をクンクンします。すると・・・

平気です0112



驚きました!瑠璃が目を開け一所懸命頭を起こすんです。
もちろん視点なんて定まっていません。
でも頑張って目を開けて頭を上げて・・・またコテンって寝ちゃいました。

その姿は「ママどこにいるの?ママ!ママ!・・・あ~ママがいた~~~」って感じです。
やっぱり親子なんですね。紅はは涙がこぼれました。


これから2週間近く入院になるでしょうとのことです。
面会も毎日とはいかないでしょう。リハビリだって大変です。
数ヶ月先にはボルトを抜く作業が待っています。

それでも瑠璃にとってベストな選択だったと思います。
春には元気に駆け回る瑠璃の姿が見られることと思います。


さて、皆さんのご心配にもあった紅ですが・・・
帰り際、病室に通じるドアの前でギャンギャン、キュンキュン鳴きまくり!
「瑠璃を置いて帰りたくない~~~」ってわめくわめく!!

自宅についてからも速攻リビングに駆け上がり、隅から隅までクンクンクンクン探しまくりでした。

こんな調子じゃ、面会には連れて行かないほうがよさそうですね。

退院してきてからも、無理させられないので隔離になるかも・・・
ガウガウ親子のガウガウバトルはしばらくお預けのようです。


皆さんご心配いただいてありがとうございました。
やっぱり、皆さんの励ましのコメントは、ものすごい勇気になります。
本当に感謝です。
ありがとうございました。

さあ!明日は面会に行ってきます!!
スポンサーサイト
【2008/01/14 02:15 】
今日の出来事 | コメント(9)
<<瑠璃ちゃん入院中 | ホーム | 急遽手術をすることになりまして・・・その2>>
コメント
瑠璃ちゃん、無事終わったようで本当によかった。よく頑張ったね。こんなに小さな瑠璃ちゃんが、大きな手術を受けなくちゃならないなんて…。遺伝性疾患は恐ろしいです。紅ちゃんはやっぱりママなんだ、ガウガウしていてもそばにいないと寂しいんだね。そのぶん2週間は、紅ははや紅おやじさんにしっかり甘えてね。瑠璃ちゃん、あと少し、頑張ろうね。
【2008/01/14 09:45】
| URL | 楽音 #VuHKn//k[ 編集] |
無事に終わってよかったです!!
凄い!!
手術の様子がこうやって見られるんですね~\(゜ロ\)(/ロ゜)/ビックリです。
終わって、点滴&ギブスの意識朦朧とした姿をみると、もう涙が止まりませんよね(ToT)
でも、これで瑠璃ちゃんも足の痛みから永遠に解放されるんだと思えば...。
瑠璃ちゃん・紅ちゃん
もう暫くの辛抱(^_^)v




【2008/01/14 15:40】
| URL | 黒豆健太ママ #TkSw/e0A[ 編集] |
瑠璃ちゃん、紅はは&紅おやじさん、
頑張ったね~!!
全身麻酔は本当に辛いですよね!
こんな小さな体に大きな負担、、
でも上手な信頼できる先生で
必ず良くなって普通に走れるようになる、
こちらが頑張らなくちゃいけない時
なんですよね!
もちろん紅ちゃんも耐えているのよね!
みんな偉いよ!!
【2008/01/14 21:28】
| URL | リカちゃんファミリー #5lGF5E8I[ 編集] |
無事に終わって安心しました。
瑠璃ちゃんの頑張りを見てると,涙が出てきますね。瑠璃ちゃん,寂しいだろうけど頑張ってね。
紅ちゃんも辛いだろうけど,耐えてくださいね。
紅家の皆さんも,しばらくは大変で,寂しいでしょうが,頑張ってください。

でも,本当に良かったですね。
【2008/01/14 22:20】
| URL | はなママ #-[ 編集] |
無事に手術が終わってよかったですね。
安心しました。

見ている方は辛いでしょうけど
術後のことを考えると
自然治癒力の高い今の時期が
最善だったのだと思います。

紅ちゃん、きっと瑠璃ちゃんの帰りを待って
玄関にいたりしてませんか?
退院したら離れ離れになっていた
親子のスキンシップの時間を
いっぱい作ってあげてくださいね。
きっとストレスも溜まっているでしょうからね。


~余談~
それにしても最近のFC2は
タイムアウト事故が多いですね~
楓パパもここ2週間で3回ほど・・・v-406

楓パパは対策として、
ある程度の区切りで
下書き保存していますよ。
完成したら公開にしています。
【2008/01/15 10:17】
| URL | 楓パパ #tYKv1shs[ 編集] |
よかった!
ずっと読み逃げしてましたが、心配しておりました。
安心な手術とわかっていてもハラハラして読みました。
瑠璃ちゃんよく頑張ったね!
自慢のかわいい白い足がかけまわれる日も見えてきた!
紅ちゃん、紅ははさん紅おやじさんもお疲れ様でした
これからまだ大変でしょうが、陰ながら応援してますよ
【2008/01/15 21:37】
| URL | ゆみっぺ #gGRy688.[ 編集] |
>楽音さん、ありがとうございます。
瑠璃は本当によく頑張りました。
遠い遠い親戚に、遺伝因子を持った子がいたのかもしれませんが、今となってはわかりません。
紅にも瑠璃にもこれ以上子どもを産ませる予定はないし、お父さん犬も亡くなったし・・・

繁殖は難しいと言うことが良く分かりました。
でも、紅家はこの子が生まれてきてくれて本当に良かったって思っています。

>黒豆健太ママ さん、ありがとうございます。
確かに、動物病院でここまでの設備は少ないでしょうね。
それゆえに、関節系だけでなく内臓疾患や悪性腫瘍のような大きな病気の子も沢山来ていました。
また、大型犬が非常に多い!やはり関節の病気にかかりやすいんでしょうか。
この数日で1年分のセントバーナードやピレネーに会った気がしました(ゴールデンが小さく見えちゃう)

もう少しの辛抱で元気な瑠璃に会えます。
でも・・・大人しい瑠璃もまた良いかもv-392

>リカちゃんファミリー さん、ありがとうございます。
本当に瑠璃は頑張ってくれました。また紅も頑張って耐えています。

この手術を経験して、元気でいることがどんなにすばらしいか実感しました。
ちょっとぐらいやんちゃでも、言うこと聞かなくてもいいかな・・・って思っちゃいます。
そして、柚ちゃん銀ちゃんが元気でホッとしています。
たまたま瑠璃が発症し、お譲りする前に見つけられて良かった・・・本当に思います。

もう少ししたら、やんちゃ軍団に参戦しますから待っててくださいね。

>はなママ さん、ありがとうございます。
本当に、瑠璃は小さな身体で頑張りました。
会社からは1時間半ほどかかるので、仕事を早くあがれた日に、ほんの30分ほど会いに行くだけですが、それでも体全体で喜びを表現する瑠璃が、たまらなく可愛いです。
もう少し、もう少しの辛抱と、瑠璃にも自分にも言い聞かせる毎日です。

>楓パパ さん、ありがとうございます。
確かに、小さいときは小さいながらのリスク・・・小さいのでより慎重な手さばきが求められる。
そして大きくなってからでは、術後の回復を望むのが難しくなる・・・すでに骨が成長してしまっているから。

瑠璃の骨は小さくて本当に軟らかくて、シュッって簡単に溝が掘れたそうです。

元気に退院してきても、急な運動は負担になるので、別々の散歩や別々の部屋での生活が待っています。
かわいそうですが、もう少し辛抱してもらうことになりそうです。

>ゆみっぺさん、ありがとうございます。
お久しぶりです。

何とか瑠璃の手術が終わりました。
手術は大変だけど、やはり命に関わる病気じゃないと言うことが、入院していて強く感じられました。
このことは本当にありがたいことです。

ICUに入ったままのワンコにニャンコ。
脳腫瘍のダックスちゃん。こん睡状態が続いているニャンコ・・・
食事は受け付けない、排泄もカテーテルを通したまま・・・

そんな病室で瑠璃ちゃんは・・・フードボールはスッカラカン!オシッコ、シャ~~~ッ!
ワンワン、キャンキャン遊んで遊んで~~~
「足が悪いのなんて命に関わることじゃないんですよ。良かったですね」
改めて、病院のセンセの言葉が思い出されませす。

元気になったら、暖かくなったら、またみんなで集まりましょうね。

受験生のママ!頑張って!!

【2008/01/16 01:25】
| URL | 紅はは #-[ 編集] |
瑠璃ちゃんよくがんばったね!自分を切られるより痛いよね紅母さん!暖かくなるころは親子で駆け回ってるよね。少しの辛抱だけどがんばってくださいね。ルナの子供のコジロウも足を骨折して年末年始大変だったとか、コジロウ命のパパは泣きの涙で病院を後にしたそうです。同じときに生まれて原因はちがうけど同じように足を手術をしてがんばってる瑠璃ちゃんとコジロウ! がんばれ、!!
【2008/01/17 20:32】
| URL | ルナ母です #-[ 編集] |
>ルナ母さん、ありがとうございます。
え~~?コジロウくん骨折ですか??
私の印象では「柴って強いな~」って言うのがあって、ちょっとやそっとじゃ怪我しない感じなんですが、何があったのかしら?

それにしても、コジロウパパの気持ち分かるわ~。人間なら言って聞かせれば分かることも、ワンコにゃ通じませんからね。
「大人しくしていなきゃダメよ」
その言葉が通じたらどんなに楽か・・・

コジロウ君早く元気になるといいですね。
【2008/01/21 00:25】
| URL | 紅はは #-[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。