スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
背負った荷物
ずいぶんとご無沙汰してしまいました。
どんなふうに書けばいいのか迷っているうちに、時間が過ぎてしまいました。

何から話しましょうか・・・


まず事実から。

先日、紅の長女“柚ちゃん”が手術を受けました。
『若年性白内障』の手術です。

10月中旬に目の濁りに気付き、あっという間の進行だったそうです。
今回の手術では片方の目だけでしたが、いずれはもう一方の目も手術する事になるそうです。


柚ちゃん2歳の誕生日

7月の誕生日にはこんな大きなケーキを用意してもらい、お祝いしてもらった柚ちゃん。


連絡を受けたときには心臓が止まるかと思いました。


以前から『紅っ記』に遊びに来てくださるお友達は、柚ちゃんがどんなに大変な難産で、どんなに大変な状況で生まれてきたかご存知だと思います。
また、紅家がどんな思いで手放したか。そして、どんなに素敵なご家族の一員になったかもご存知だと思います。

それだけに『若年性白内障』という言葉は、我が家には本当に重かったです。


『若年性白内障』・・・主に2歳半ごろまでに発症する遺伝性要素の強い病気です。


遺伝の病気・・・

我が家の瑠璃の足は『膝蓋骨脱臼』で手術しました。
歩き始めてすぐに左後ろ足の異常に気付き、それから数ヶ月で細い細い足にメスを入れました。
毎週、毎週リハビリに通い、何とか困らないようにはなりましたが、いまだに完璧ではありません。

その上、右の足も同じく『膝蓋骨脱臼』の診断。
しかし、左に続いて右も手術をするには負担が大きすぎると、経過観察の状態です。

柚ちゃんもこの『膝蓋骨脱臼』です。
今のご家族の元に行ってから発覚しました。手術するほどではないとのことですが、しっかり運動し筋肉をつけていくことが必要な状況です。



『若年性白内障』と『膝蓋骨脱臼』・・・いずれも遺伝性の要因が強いと言われている病気です。



紅が家族になってから、我が家は特別疑問を抱く事はありませんでした。
なぜなら紅は“ちょっとお腹は弱い”けど、とりたてて大きな病気もなく元気に過ごしていたからです。
ですが瑠璃の足のことが分かり、それからいろいろ調べていくうちに、病気のお友達の多い事に気付いたんです。

「病院に行った」「検査をした」「薬を飲んでいる」etc・・・

お友達のブログにはこんな言葉が踊っています。

たまたま紅が何の病気も出ていなかっただけで・・・私達が気付かなかっただけで・・・

紅の異母兄弟には『膝蓋骨脱臼』のお友達がいます。
手術をした子も、時々外れるけど経過観察の子も・・・

紅の3匹の子どものうち、2匹が『膝蓋骨脱臼』です。
素人考えと言われればそれまでですが、紅の血縁からの遺伝だと考えられるのではないでしょうか。


しかし“たまたま”何の症状も無い紅しか見ていなかった私達は、紅に子どもを産ませる事がどんなにリスクのあることか、その時は分からなかったんです。


怪獣だ何だと言いながらも、瑠璃を抱き上げたとき「ごめんね。ごめんね」と、いまだに瑠璃に話しかけます。
いろんな病気を背負わせた柚ちゃん。カイカイがひどい銀ちゃん。
私達が無知だったせいで、本当に本当に重い荷物を背負わしてしまいました。


これから先、銀ちゃんの目や足に異常が現れないとも限りません。
瑠璃の目に異常が現れないとも限りません。
そうなったとき、また私達は自分の無知を嘆くのだと思います。


ただひとつ幸いなことは、柚ちゃんの家族も、銀ちゃんの家族も、本当に大切にこの子達を可愛がってくださっている事です。
「柚は家族の中心だから、どんな事があっても家族みんなで頑張るよ」
柚ちゃんのママはそう言ってくださったそうです。


私は豆柴が大好きです。
紅おやじのたっての希望で飼いはじめましたが、こんなにかわいい子たちは他にないと思っています。
だからこそ“小さい”“かわいい”だけじゃない、元気で病気知らずな豆柴がもっともっと増えて欲しい。

遺伝性の要因を持つ子を繁殖に使わないのは常識のはずです。
私達素人だって分かります。
銀ちゃんも、柚ちゃんも、瑠璃もこの先子どもを産ませることはありません。
紅の血筋はこれで終わりです。


これから先、どうか遺伝性の病気なんていうものを受け継がない豆柴が生まれて欲しい。

心の底から願っています。




最後に、遺伝性の病気が発覚してしまっても、できるだけ早く発見し、出来るだけ早く処置すれば、それまでと変わらない生活を送ることも出来ます。
皆さんの不安をあおるつもりはありませんが、もしこの名前が血縁にあったら、病気のことを気にしてください。そして「あれっ?」って思ったら、すぐ病院に行ってくださいね。


紅のパパ・・・黒小龍:パパ方のおじいちゃん・・・小虎丸:パパ方のおばあちゃん・・・小成姫
紅のママ・・・小紅姫:ママ方のおじいちゃん・・・小八丸:ママ方のおばあちゃん・・・小桜

瑠璃のパパ・・・小黒竜:パパのおじいちゃん・・・小黒伸竜:パパのおばあちゃん・・・小裕己


大好きな豆ちゃんたちが、いつも元気に家族と過ごせますように。





追伸
思い切ってこのことを書きました。
ブリーダーさんを批判しているとお怒りになる方もいるかもしれませんね。
もしかしてコメント欄炎上とかしちゃうのかな・・・
実際、お友達のお友達のブログは遺伝とブリーディングについて、かなり強く意見を書いたら・・・管理画面に侵入され、過去の記事や写真を全て消されたそうです。

もしかしたら、これが紅っ記最後になるのかしら???

紅はは、ひ弱なのであまり心臓に悪いことしないでね(笑)
スポンサーサイト
【2009/11/12 01:35 】
今日の出来事 | コメント(21)
<<指定席♪ | ホーム | 初ヒーター>>
コメント
大好きな豆ちゃんたちが、いつも元気に家族と過ごせますように。

私も心から願っています。
【2009/11/12 08:11】
| URL | 黒豆健太ママ #TkSw/e0A[ 編集] |
紅はは、辛かったでしょうね。
柚ちゃんママと報告するかどうか
ずいぶん悩んだんですよ。
紅ははは神経質だから、
寝られなくなっちゃうんじゃないかって。

でも、柚ちゃんママも私も
「どうしたら柚ちゃんに負担なく
元気に生活できるか」しか
考えていなかったですよ。
だって可愛い可愛い柚ちゃんですからv-351
紅ちゃん、柚ちゃんを頑張って
産んでくれてありがとうねv-410
柚ちゃんのいない人生なんて
考えられないのよ~v-353
【2009/11/12 13:17】
| URL | リカちゃんファミリー #tmvpzBN6[ 編集] |
柚ちゃん大変なことになっていたんですね。
里子に出したと言っても、やっぱり気になりますよね。
でも柚ちゃんのご家族も、銀ちゃんのご家族もとっても愛情を注いでくれて大事にして下さってるようですから、きっと乗り越えてくれることと思います。
柚ちゃんはきっと大きな使命を受けて産まれてきたんでしょうね。
紅ちゃんはよく頑張ったね~。
3匹ちゃんも本当にみんなよく頑張ってるよ~。ワンコに教えられることって多いですよね~。
【2009/11/12 21:46】
| URL | 磨呂の母 #-[ 編集] |
>黒豆健太ママ さん、ありがとうございます。
本当にそうです。
どんなに見た目が可愛くても、どんなに頭が良くても、言う事をきいても、病気ばかりではかわいそうですし、飼い主も大変です。

避けられる病気であれば、やはり避ける努力が必要なんだと思います。
【2009/11/13 09:52】
| URL | 紅はは #-[ 編集] |
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/11/13 10:52】
| | #[ 編集] |
ワンコが病気に苦しむのも家族の方がそれに苦悩するのも辛いですよね。でもそれでもめいっぱい愛情注がれてるワンコを見ると、たくさんたくさん愛情を注いでいる飼い主さんを見ると、少し救われた気持ちにはなります。
柚ちゃんの経過が良いことを祈ってます。
【2009/11/13 17:12】
| URL | 瑠璃ママ #-[ 編集] |
>リカちゃんファミリー さん、ありがとうございます。
柚ちゃんは本当に良い家族に恵まれました。
ありがとうございます。

足のことといい、目のことといい、辛い思いをさせてしまいましたが、家族の愛で乗り越えてくれると信じています。

美人の柚ちゃんが泣く事のないように、ハンサムな銀ちゃんが泣く事のないように、おてんば瑠璃ちゃんが泣く事のないように、ただただば~ばは願っています。

>磨呂の母さん、ありがとうございます
本当に、我が家のお子さん達は私達にいろんなことを教えてくれました。

この子達の身に病が来なければ、気にする事はなかったと思います。

柚ちゃんは先日退院し、また暖かい家族の真ん中で楽しく過ごしていると思います。

どんな事があっても強く乗り切ってくださる家族です。
我が家も見習わなきゃデス。
【2009/11/13 17:23】
| URL | 紅はは #-[ 編集] |
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/11/13 18:07】
| | #[ 編集] |
↑11月13日18:07に管理人のみでコメントを入れてくださった方。
ご迷惑でなければもう一度『管理人のみ』でメールアドレスを送っていただけませんか。
紅ははから直接メールを送らせていただきたいんです。
ご迷惑でなければ、お願いします。
必ず『管理人のみ』ですよ!!
【2009/11/13 18:26】
| URL | 紅はは #-[ 編集] |
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/11/13 18:36】
| | #[ 編集] |
>瑠璃ママさん、ありがとうございます。
ワンコたちは自分の様子が他の子と違うことを理解していないかもしれません。
でも、それを見ている家族にとってはこんなつらいことはないのです。

もちろん、避けられないこともあります。
でも、避けられる可能性があるならば、私達はその道を選ぶべきなんだと思います。
【2009/11/15 22:15】
| URL | 紅はは #-[ 編集] |
紅ははさんのいろんな思いが詰まった
文章に圧倒されました。
色々な豆友さんの血統を見てると確かに
??と思う交配が目につくことがあります。
モコの父方のお爺ちゃんが小八丸、
母方のお爺ちゃんが小黒伸竜です。
モコが小さい頃、友人から微妙にモコの
歩き方がおかしいと言われた事を思い出しました。
その時は深く気にしなかったのですが。
昨年から毎年健康診断を受けてます。
遺伝性の病気に苦しむワン、そしてご家族が
少しでも減ることを私も祈ります。
柚ちゃん、温かいご家族の愛情をたくさん
受けて病気に勝ってね!
【2009/11/15 22:42】
| URL | MOKOMOKO #-[ 編集] |
>MOKOMOKOさん、ありがとうございます。
紅の子ども達がこのような病気を受け継がなければ、たぶん知らないで過ごしていたと思います。
「かわいそうな事をしてしまった」そう思いながらも、ウヒャウヒャ言いながらうれしそうに走ってくる瑠璃をたまらなくかわいいと思うのもまた事実です。

柚ちゃんは先日、無事に退院しました。
「目の周りが剃られてかわいそうだけど、でもかわいいんです」
この先どんな事があっても、柚ちゃんのご家族は、柚ちゃんのことを大切に大切にしてくれると思います。

それでもなお、こんな病気の遺伝がなくなることを祈ってやみません。
【2009/11/16 18:04】
| URL | 紅はは #-[ 編集] |
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/11/17 14:40】
| | #[ 編集] |
紅ははさん、こんにちは♪
勇気いるこの記事、どんな思いで書いたのかとてもよくわかります。
同じような事を強く願ってる方はいるんだな~と心強く思いました。
私も、何も知らなかったブリードの怖さ。
知ったからには知らない方に、少しでも分かってもらいたい。
こんなお辛い経験をした紅ははさんだからこそ
人に伝える力があると思いました。

私もまだまだ記事にしていきますよ!
勇気を持って頑張りましょう♪
また遊びに来ます。
【2009/11/18 22:48】
| URL | トミピー #c4DmjxtY[ 編集] |
お久しぶりです
私もお話させてください。
明日、我が家の愛娘はなマルも若年性白内障の手術です;;
マルも同じ病気で、手術が成功しているので不安はありませんが
マルの時、遺伝が90%と言われて、マルとはなマルの血統書を見ると「小虎丸」が一緒でした。
私は、はなマルを迎える時に、マルの話をブリダーにしたのですが...交配犬に載ってます
まさか...と思っていたら2歳になったばかりの先月発症です。
我が家は、このことで繁殖を諦めました。
アトピーも抱えるはなマルに何も罪もありません。
この記事を出してくれてありがとう!
若年性白内障のことは、私のブログにも載せています。
手術後の3カ月が大事です!!!
お互いに親として頑張りましょうね
我が家ではいいます。
神様が、このウチならこの子を助けてくれると思ってきたんだねって。
親の愛情で、幸せなワンコ人生をすごさせてあげましょうね

紅ママ判断で、削除してください^^
【2009/11/19 06:36】
| URL | なるぽん #-[ 編集] |
上のマルちゃん、はなマルちゃんのことでも密かに胸を痛めていたのですが、子紅ちゃんたちも…。
でも、血統書を見れば明らかですね。
重度のアトピーのプーとは小八丸つながり、ミルとは小黒伸竜つながり。
ミル自身には問題はありませんが(もしかしたらゲーしやすいのは消化器の形や胃の動きの悪さの器質的な遺伝かも。ミルの姪っ子に幽門狭窄の手術をした子がいます)、同胎犬が膝蓋骨脱臼なので、ブリーディングには使えません。
小黒竜は子ラムちんたちの父でもあるので、膝蓋骨脱臼も若年性白内障も素因を持っていたんでしょうね。
本当に何の問題もない豆柴の方が少ないくらいですよね。
他のブリーダーさん出身の子でも、膝蓋骨脱臼や若年性白内障の子は宝山荘出身ほどじゃないですけど、わりと多いです。
【2009/11/19 08:00】
| URL | プーママ #-[ 編集] |
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/11/22 10:11】
| | #[ 編集] |
>トミピー さん、ありがとうございます。
お返事遅くなってごめんなさい。

この思いは、決して私だけのものじゃないと思うんです。
みんな少なからず思っている事があると思うんです。
事実、ここの鍵コメントは苦しい胸のうちを伝えてくださるものばかりでした。

誰もみんな、楽しいワンコライフを夢見て迎えるんです。
だからこそ、送り出す側は慎重の上にも慎重になって欲しい。

時々でもいいからこの事について書く事が、我が家の使命なのかもしれないと思うようになりました。

あとは、我が家の怪獣や兄弟達、そしてこれから生まれてくる豆ちゃんに遺伝性の症状が出ない事を祈るだけです。

>なるぽんさん、ありがとうございます。
マルちゃんに、はなマルちゃん・・・本当に辛い事が続きましたよね。
どんなに医学が進歩したって、手術しないで済むような、病院にかからないで済むような元気な体が一番なんですから。

私達素人にはわからない事がたくさんあると思いますよ。
でも、その道30年って謳っているってことは、ベテランなんですから、本当に元気な豆たちをこの世に生まれさせて欲しいと願ってやみません。

この日記を書くことに抵抗がなかったわけではないんです。
バッシングコメントが書かれたらどうしよう。
お友達が離れてしまったらどうしよう。
そう、思っていました。
でも、私の悩みなんて柚ちゃんや瑠璃、たくさんの病気を発症している豆ちゃんに比べたらなんてことないですよね。
また、この日記を読んで、交配についてもう一度考えてみようと言うパパやママが現れたら、それだけで十分かと思っています。

マルちゃんも、はなマルちゃんも暖かい家族に囲まれているから安心ですね。
これ以上悲しむ家族やワンコがいなくなる事を願っています。

>プーママさん、ありがとうございます。
所詮、私達は素人ですよね。
でも、こうして○○君の子どもに脱臼が多いとか、△△ちゃんの子供にアトピーが多いとか、こんなに狭いネットワークの中でも分かることですよね。

同じお里のこの中で、ホームページやブログをやっている人なんて一握りだと思います。
そんな、他の豆ちゃんとの交流のない方々にどれほどの確立で発症しているのか・・・考えただけで胸が痛みます。

ブログと言うのは公の部分が強いので、書ける事は限られてきますが“なぜ、当たり前のことができないのか?”そんな思いが強くなり、歯がゆくなるばかりです。
【2009/11/24 19:20】
| URL | 紅はは #-[ 編集] |
紅ははさん、こんにちは。
以前この記事を読んでいて、白内障に若年性のものがあるのか~、
とずっと頭の隅に残ってました。
うちのナミにも気なる所があったので、病院に行ってみると、
白内障と診断されました。
まだ1歳3ヶ月です。血統には記事に書かれてあるコ達が連なっています。
やっぱり遺伝性のものなんでしょうか?
いずれにしても、なってしまったのは仕方ないです。。。
うちもいつか手術になるかもしれませんが、
今を大切にナミちゃんとの楽しい生活を守って行きたいと思っています。
若年性白内障を初めて知って、
遺伝の病気をあらためて意識して、助けられました!
この記事を書いてくださっててありがとうございました。感謝してます!
【2009/12/20 20:23】
| URL | まめ #-[ 編集] |
>まめさん、ありがとうございます。
コメントをいただいていながらお返事できずにごめんなさい。

さて、マメちゃんのこと本当に驚きました。
いや、驚いたと言うより「またか」と言う感じです。

10歳を過ぎた老犬ならともかくも、1歳そこそこのかわいい盛りに白内障なんて・・・

すぐに手術の必要が無いようですが、しっかりと経過観察をなさって、見過ごす事のないようにね。

私が書いたことで、もしかしたらと行動に移してくださった方がいて本当によかったです。

でも本当は、そんな子一人もいないほうがいいのに・・・

マメちゃんの目が重くならないように願っています。
【2010/01/05 18:27】
| URL | 紅はは #-[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。