スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
懐かしき格闘の日々
黒豆健太君と、楓ちゃんの日記を見て、紅の小さい頃のことを思い出しました。

(写真は、紅が来た日と翌日のものです)

紅が我が家に来たとき。まだ53日で本当に小さくて、ブリーダーさんからも「この子は小さいですよ」と言われていて、あまりの小ささに驚いて・・・
その分、人間とのかかわりは上手ではありませんでした。

つまんない


来た日から、ものすごい甘噛み。紅も戸惑っていたんだと思いますが、私たちもどう対応していいかわからず、血みどろでした。

トイレの覚悟はしていましたが、こんなにコミュニケーションをとるのが難しいとは思いませんでした。
実際、紅は尻尾を振るまでひと月以上かかったと思います。

特に、紅ははとのコミュニケーションがうまくいかず、紅が何を求めているのかちゃんと気づいてやることができませんでした。

家に来てから2~3ヶ月の頃、紅ははが育児ノイローゼになりました。
「こんなにかわいがって、こんなに大切に思っているのに・・・」
自分の思いを紅がわかってくれず、紅の思いもわかることができず、本当に泣いてばかりの日々でした。

その頃、紅家のある自治体で“犬のしつけ講座”が開かれました。
獣医師会主催のもので、埼玉にある『オールドッグセンター』の藤井先生が講師をしてくださいました。
講座が始まるまで、どこのどんな先生か知らずにいたんですが、紅ははが昨日まで読んでいたしつけ本の著者でした。
目からうろこの内容で「よし!家に帰って即実行!!」
と、思ったのですが、そんなにうまくいきません。

近くのドッグランで月に一回行われる、NGOによるしつけ教室でも、
「この子、柴ちゃんですからしつけはしっかりしないといけませんよ」
とアドバイスを受け、しつけ教室に通う決心をしました。
紅、6ヶ月の頃です。

行きつけの獣医さんに相談したところ「区のしつけ教室で講師をお願いする先生は良いよ!遠くても、行く価値はあるよ」
と、紅ははが講座を受けたことを知らずにアドバイスしてくれました。


携帯くらべっこ


その頃、紅を飼う以前にインターネットで探した、ご近所の豆柴の飼い主さん(最近お見かけしませんが、おなじブリーダー出身の“つえちゃん”です)にいろいろ教えていただいており、しつけ教室の相談もしたところ、つえちゃんが4ヶ月の頃1ヶ月預かりコースに行っていたところを紹介してくださることになりました。

またまた偶然、藤井先生の『オールドッグセンター』でした。

片道1時間半。渋滞で3時間かかって帰ってくることもありましたが、1~2週に1回、3ヶ月ほど通いました。
「都会に住む家庭犬として困らないように」
それは犬のしつけと言うよりも、飼い主のしつけの様でもありました。
おかげで散歩をしていても「なんていい子なの」と、言ってもらうことが多くなりました。

「ここまですれば良いかな」そう思った紅家は、7~8回の訓練で終了しました。(何回と言う決まりはなく、納得するまでなのです)

順調な生活だったのですが、ある時期から紅が噛む様になったんです。

太ももやふくらはぎ、二の腕、腕の内側、手の甲、手のひら・・・
軟らかいところに向かって口の先のほうでチョンとだけ噛むんです。
走ってきてジャンプして、ガッって噛んで走り去るんです。
血は出ません。ですが2センチほどの丸い青あざが何十個(大げさじゃなく)できてしまい、長袖長ズボンでないと外を歩けないほどでした。

外では決してそんなことないんです。家の中でだけ・・・
何かを訴えたいのでしょうが、紅ははにはわかりません。
仕方なく『オールドッグセンター』に連絡したところ、神奈川に住む先生がセンターの授業(トレーナーの育成学校もあるんです)のない時に、家に来てくださることになりました。

紅ははと紅の関係を見るやいなや「順位が逆転してますね」
紅が自分の“我を通す”ための“噛み”だったようで、ホールドスチール(犬を座らせ後ろから抱え込み、人間が上だということを教え込む)での上下関係修復から矯正が始まりました。
外でいい子ということは、リードでつながれていると勝手ができないから、ということで、家の中でもリードをつけることになりました。

好きなことをしようが、物陰に隠れようが紅の好きにはできません。
好き勝手しようとするとリードを手繰り寄せられホールドされます。
夜寝るときも紅はは達のベッドの横のゲージの中に入れられます。

“リードをつけると自由がなくなる”
2~3日で、リードを手繰り寄せて手の下に隠し、私たちに取れないようにするという技も身につけました。

リードをつけてから2週間ぐらいで全く噛みはなくなりましたが、気を許すわけに行かず“お部屋でリード”は1年近く続きました。

「もう良いじゃん」そう思うこともありましたが、ここまでしなかったら、今の関係は築けていなかったと思います。

犬の性格にもよりますが、家族が増える以上、努力は必要だと思うんです。

飼い主が困ることをするから捨ててしまう。
考えられません。
エッセイストの中谷彰宏は『犬を飼うと恋人ができる。マメ柴と話す45の方法』のなかで「捨てるのなら、飼い主が責任を持って食べなさい」と書いています。
極端ですがそこまで責任を持つべきです。
紅ははは、捨てるのなら「自分の手で殺しなさい」と言いたい。
自分の手で愛犬の首を絞め、自分の手でバスタブに沈めなさい。
その時、どんな目で見つめられたか、どんな感触だったか、それを一生背負って生きるべきだと思うんです。

紅ははよく「紅は私が産んだ」と言いますが、そのぐらい紅に対して思っています。
この子が不良になっても、親に暴力ふるっても責任は私なんです。飼い主なんです。この子が悪いわけじゃないんです。

今までも、これからも責任を持って家族に接していきたいと思います。

それにしても、紅ちっちゃい。

大きなサークル


「いろんなことがあったね~。でも、今はおと~しゃん、おか~しゃんに抱っこされるの大好きよ。噛むなんてとんでもない!!もうそんなことしないよ。
それにしても、あたし小さいね。
生後40日の子供たちのほうが大きい気がする・・・」
スポンサーサイト
【2007/09/01 17:34 】
ちび紅の頃 | コメント(6)
<<避難 | ホーム | 成長しました>>
コメント
楓パパのしつけのモットーは
「バカな犬はいない、飼い主がバカなんだ。」
と、いうこと。
言うこと聞かせるためには飼い主が成長するのが一番!飼い主が成長していけば
何も言わなくても犬はわかってくれる。
そんな考え方です。
ちなみにウチはしつけ教室には
行ったことありません。

楓は西山さんいわく「アタマのよい子」
だったので来てからの1ヵ月は大変でした。
・・・ま、その辺は来月の楓の誕生日にでも
話しますかね(^^)
【2007/09/01 20:34】
| URL | 楓パパ #tYKv1shs[ 編集] |
いまの優しい顔からは想像できないけれど、やんちゃ姫だったんだね、紅ちゃん。楽もやんちゃで流血事件もしばしば。チビ犬の頃はずいぶん悩んだりしたけど、今は落ち着いてしまって…。これもまた寂しいなんて、飼い主は勝手なものです。もっとゆっくりでいいのに、急いで生きていくわんこ達だから、1日1日を大切にしてあげたいと思っています。やっとリンクが完了しました。これからもどうぞよろしくね。
【2007/09/02 08:40】
| URL | 楽音 #ahDOo.iI[ 編集] |
みんな色々あったんですね。
健太のビビリは、たぶん皆さんの想像以上のものでした。
一年近くお願いしたトレーナーさんですら、驚いたくらいですから。
ですから、紅ははさんの育児ノイローゼ、物凄く分かります!!
こんなに頑張っているのに、大事に思っているのに、なぜ...って。
しかも、ほかのおりこうさんなワンママ達が『たいした躾も何もしてないのよー』とか『こういうやりかたがいいわよ』だのああだこうだのいう言葉を聞くたびに、真剣に受け止めて、涙がとまらなくて...
どれだけ家で泣いた事か...。
外出拒否症になりそうな時も。
それでも、健太とともに少しづつでもいいからと、頑張ってきました。
確かに、ほかに人からみれば今でもワガママでガウガウで...
躾なんてしたのかしら?って思われるのかもしれない...
でも、あの大変な時期を乗り越えてきた事を知っているのは、家族だけだから!!
健太は、十分頑張ってきたんです。
でも、まだまだ終わりじゃないんです。
これからもずっと、健太とともに飼い主が成長していかなくちゃ!!と、常に思ってます。

紅ははさんの言われる、自分の手で...
私もそう思います。
責任を持つということ...本当に大切なことですよね。



【2007/09/02 12:59】
| URL | 黒豆健太ママ #TkSw/e0A[ 編集] |
>楓パパさん、ありがとうございます。
そうですね。飼い主が成長しなくてはいけませんよね。
紅は獣医さんやトレーナーさんから「頭が良すぎて飼い主を馬鹿にするタイプの犬」と言われました。
初めはわからなかったのですが、日に日にその意味がわかり、青くなったのを覚えています。
今となっては懐かしい思い出ですけどね。

>楽音さん、ありがとうございます。
そうですね、ワンコは私たちよりずっと早いスピードで生きていくんですよね。
紅は4歳だから30歳ぐらいでしたっけ。もっともっとゆっくり生きて欲しい。
『犬のえいが』の最後のお話「まりも」ちゃんのお話を思い出しました。
ダメです。紅はは涙が止まらなくなってきました。

>黒豆健太ママさん、ありがとうございます。
ダメですよ~健太ママさん!楽音さんに続いて号泣ですv-406
でも、どんなに苦しい時でもトレーナーさんがおっしゃった
「柴のしつけは大変ですが、柴ほど飼い主を大切に思う犬はいませんから、頑張っていい関係を作りましょう」
と言う言葉を忘れたことはありませんでした。

実際ここ2年ほど本当に手がかからなくて“なんていい子なんだろう”と思っています。

子供を産んでからの紅は予想と違い誰にでも優しくて(一人吠えられましたが)
お友達が見に来た時も別に怒ることもなく、お隣さんには尻尾を振って“見て見て”と差し出すしまつ。
動物病院でも先生たちに尻尾フリフリで子どもを預けていました。
「良い関係を築いてこられましたね。出産後の犬が飼い主以外の人間にどう接するか見れば、飼い主さんとワンちゃんの関係ってわかるんですよ。今までの努力の成果ですよ」と褒めていただきました。
うれしくて涙が出ました。

こんなに大事な私の宝物。
何があっても離せません。
今日も紅をマッサージしながら、愛おしくて泣いてしまいました。

うふ。私たちって・・・親ばかですね。
【2007/09/02 23:41】
| URL | 紅はは #-[ 編集] |
↑の紅ははさんのコメントにもうるうるしちゃいました。
ステキな関係ですね☆
やっぱり、みなさんそれぞれワンコと一緒に頑張った歴史があるのですね。
未だに、ガウガウや流血事件が起こる我が家ですが、それでもだいぶ良い子になってきました。
うちも苦労した昔が懐かしくなります。

【2007/09/03 12:45】
| URL | ポポ&ヒトミン #QXRaNfI.[ 編集] |
>ポポ&ヒトミンさん、ありがとうございます。
そうなんですよね。みんなみんな“ワンに歴史あり”です。
そうそう!紅がまだ子どもの頃、紅おやじがふざけて紅の食器のご飯を食べるまねをしたら・・・鼻を噛まれたんですよ!!
いまだに大笑い!!
みんなみんな良い思い出です。
子紅たちもたくさん飼い主さんと思い出を作って欲しいです。
【2007/09/03 21:12】
| URL | 紅はは #-[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。